恋人未満な男友達をさりげなく誘いやすいデートといえば、食事やお茶に行くこと! 行くところまでは気軽なものの、そこから進展するのってそれなりにハードルが高いとも言えると思います。

恋人未満の彼とのお食事デートを盛り上げるには?



食べたり飲んだりしながらおしゃべりしているのも楽しいけれど、やっぱり好きな人とはいつか付き合いたいなと思うもの。今の友達関係も大事だから、急にいかにもなデートスポットに誘って気まずくならずに、できればお食事デートをしている中でさりげなく恋愛ムードを高めていけるのが理想的ですよね! 

今回は、恋人未満の彼とのデートで急接近しやすいシチュエーションを作るコツをご紹介します♡

テーブルのサイズや位置関係を意識してみて


人と人とのココロの距離感に揺さぶりをかけるには、テーブルにつくときの位置関係や距離感を変えてみるのが効果的。居心地がよくて話しやすい距離だったり、心理的に親密になっていけるレイアウトなどを駆使してみるのがおすすめです。さっそく例をみてみましょう!

1. 丸テーブルなら、微妙な角度を取れる
よくある四角いテーブルでは、向かい合わせに座るのが一般的。だけど、丸テーブルのカフェや屋外レストランでは、向かい合わせと横並びの中間ぐらいの微妙な角度で座れるところがありますよね! 向かい合わせよりも親密、横並びよりもオープン……この微妙な位置関係で座るのが、恋人未満な友達関係にはほどよい距離感。いつもよりお互いちょっとドキドキする瞬間があったり、でも近すぎないからいつも通りのテンションも装えて、ちょうどいい感じでプレ恋人気分が盛り上がりやすいと思います。

2. 大きな相席テーブルで擬似カップル感


おしゃれカフェなどによくある、10人掛け以上の大きな相席テーブルに横並びで座るのもおすすめです。他のお客さんもいるから完全に二人っきりではないんだけれど、他人に囲まれているからこその一体感があることもたしか。オープンな空間だけど、横並びで距離はいつもよりぐっと近づいています。周りからはカップルに見えてるのかな……って意識しちゃうことをキッカケに、お互いその気になれちゃう効果もあるかも♡

3. ふかふかソファのカフェで自分を見せる
向かい合わせでちょっと距離ができる座席のメリットを活かすなら、ふかふかソファ×ローテーブルのおしゃれなカフェが狙い目。ゆっくりお茶しながら自分の全身を彼に見せる演出に使えますよ! クッションを抱っこしたり、ちょっとだけアンニュイなポーズを取ったりして、彼が見たことない姿を見せてみて♡ やわらか素材のワンピースなど、ちょっとほっこりした感じのコーデで行くのもおすすめです。

近すぎや話しにくい席は避けて!



まだまだ友達感覚なうちからムーディすぎな個室とか夜景の見える窓向きのカウンター席などを選んでしまうと、かえってパーソナルスペースに入り込みすぎてお互いにきまりが悪くなってしまうことも。たまたまそういうお店に入ってしまったならまだしも、女の子側から誘ってあまりにもカップル向けな空間をセッティングしてしまい、一気に決断を迫られているみたいで男子が及び腰になってしまうと台なしですよね。
あるいは、テーブルが大きすぎてお互いの手を伸ばしても届かないくらい離れて座る席だったり、周りが酔っぱらいや学生でうるさくて話しづらい飲み屋さんは当然ながらNG。あんまりお互いが離れていたり開放的すぎるお店も、当たり障りない話題や冗談しか話す気になれず、ぜんぜん恋愛ムードが高まりません。

友達からカップルに変わるキッカケって、たまたま行ったお店の雰囲気やその日の天気なんかに左右されることも多々あります。ぜひ今回ご紹介したポイントを参考にして、次のデートで行くお店を探してみてはいかがでしょうか。
(由井妙/studio woofoo)