嵐に見舞われるイタリア、ミラン戦など4試合の延期も

写真拡大

今月に入ってイタリアでは前例のないほどの大雨が降り続いており、各地で洪水も発生している。先日行われたF1のイタリアGPもレインコンディションとなっていた。

そして土曜日に行われる予定であったサンプドリア対ローマは、天気予報でかなりの降水量が予想されたためにいち早く延期が決定されている。

しかし雨は週末を通して降り続く予定となっており、日曜日に行われる試合にも影響が出ると考えられている。

メディアではアタランタ対サッスオーロ、ヴェローナ対フィオレンティーナ、ラツィオ対ミラン、ウディネーゼ対ジェノアの試合も延期が検討されているそう。