究極の省力化で未来のマンション暮らしはより便利に

写真拡大 (全2枚)

 最新の家電といえば、全自動化、機器どうしの情報がつながったIoT(モノのインターネット)、さらにはAI(人工知能)を駆使した進化が目覚ましい。だが、いざマンション内の部屋や共有スペースを見回してみると、まだまだ省力化できそうなところは多い。住宅ジャーナリストの榊淳司氏が、“近未来型マンション”の姿を提案する。

 * * *
 先日、とある総合電機メーカーの方が、私を訪ねてこられた。その目的は、「今後のマンションに求められる設備などにつき、当社としてビジネスチャンスがあるのかどうかも含めて榊さんにお伺いしたい」ということだった。

 こういう類のオファーは初めてだったが、他人の考えないことを考え、それを実行するのが大好きな私としては、楽しみながらいろいろとアイデアを出してみた。

 自分で定めたコンセプトは「まだ人間が行っている作業は、すべてがフロンティア」というもの。

 これまでに人間は洗濯機や掃除機を発明し、普及させることによって家事労働を著しく省力化してきた。しかし、まだ人間が作業しなければならないところも多い。そういうところこそビジネスのフロンティアになり得るのではないか、というのが今回のアイデア出しのコンセプトなのだ。

 中には「それは難しいだろう」というものもある。しかし、最初から諦めてしまっては何もできない。理想は高く掲げ、一歩一歩前進していけばその内に実現するかもしれないのだ。

 まず、最近はあらゆる職場で人手不足が顕在化している。マンション業界も例外ではない。深刻なのはマンションの管理人不足。人手不足によって管理サービスの中身を削らざるを得ない事例も出てきている。

◆AI機能付きの清掃ロボット

 数十戸規模のマンションの場合、管理人の主な仕事は共用部の清掃とゴミ出しである。まず、この共用部の清掃をロボット化する。すでに平らな床面を掃き清めたり磨いたり、薬品を塗布するロボットはある。それらをさらに精密化して、各マンションの共用部の図面を読み込ませたAI機能付きのロボットを作れないか。

 人が近づくとセンサーで感知して危険がないように停止したり、人がいないところに移動するようなプログラムも組み込んでおく。私は『スター・ウォーズ』に登場するR2D2のような可愛らしいロボットがエントランスホールをチョロチョロと動き回って床を掃除しているイメージを思い描いている。

 共用部には階段もある。階段を下りながら清掃するロボットはどうだろう。こちらは角ばった箱型になりそうだ。横幅は階段の半分。人が近づくとどちらかに寄って停止。人が脇を通り抜けるとまた動き出す。各マンションの階段幅や踊り場の図面を読み込ませておいて、隅々までくまなく清掃させる。

◆自動ゴミ搬出装置(理想は住戸から直接収集車の回収場所へ)

 現状、多くのマンションでは日常生活で発生したゴミは、まず住人がゴミ集積所へもっていく。そして管理人がさらにそれをゴミ収集車が回収してくれる場所まで運び出している。いずれも人が行う作業だ。

 規模の大きいタワーマンション等では、各フロアにゴミ集積所があったりする。すると、そこから収集車が回収してくれるところまで運ぶのも管理人の仕事となる。この流れを何とか自動化できないものか。理想は、各住戸内にゴミの投入口があり、そこに入れると直接収集車の回収場所まで運ばれるというシステムだ。

 生ごみに関しては、ディスポーザー付きマンションならこれに近いシステムが整っている。それを可燃ゴミや資源ゴミでも実現できないだろうか。実現すると「住戸内からゴミが無くなる」という理想が実現するとともに、管理人の作業負担を著しく軽減できる。筋力を使う作業が大幅に軽減されるので、女性単独の管理人も増えるだろう。

◆多品種対応型マンション専用自動販売機

 これは、最も実現しやすい装置だ。多くのマンションでは各住戸共通のダウンライトの電球や切手、電池などを管理用のフロントで販売している。これは管理組合が収益を得るためではなく、単純に住人の生活利便性を図るのが目的。もちろん、実際に販売を行うのは管理人だ。徒歩5分以内にコンビニがないようなマンションだと、けっこう重宝がられている。

 こういった物品の販売はすべて自動販売機に任せてしまう。すると、管理人がいない時間でも必要なモノが買える。扱い商品は他にハガキ、石けん、シャンプー、カロリーメイト、カップ麺などが考えられる。シャトルバスを出しているマンションなら回数券を販売しても便利だ。

 扱い商品についてはそのマンションのニーズに合ったように、商品の大きさなどに可変性のある機械が理想的。さして場所は取らないはずだ。また、今ある技術で十分に対応が可能。そして、管理人の作業負担を軽減できる。

◆完全自動洗浄機付きトイレ

 住戸内に目を移そう。家事労働は随分軽減されたが、まだまだ人が手を使って行う作業は残っている。例えばトイレはメーカーが素材や形状に改良を加え、また化学メーカーが洗剤を進化させてきた。しかし、まだ人間が手にブラシを持ってゴシゴシ擦らなくても完全に良好な状態に保てるところまでは来ていない。

 私の考える理想的なトイレは、ふたを閉めると水密状態になる。そして、その内側ではまるで食洗器のように四方八方からノズルが出てきて強力な水流が噴出して、隅々まできれいに洗浄してしまう、というもの。

 食洗器の機能をトイレの内側に備えさせるワケだ。「やってできないことはないだろう」と思うのは素人考えだろうか?

◆自動洗浄機能付きユニットバス

 同様に、ユニットバスも何とかならないだろうか。「汚れが付きにくい」とか「お手入れがしやすい」という素材の開発には限界が来ている。人間が身体を洗う場所なのだから、ある程度は汚れて当然である。しかし、ユニットバスの清掃には少々骨が折れる。ブラシで擦るところが多いからだ。

 これもトイレと同じで、ドアを閉めると水密状態になって天井からスプリンクラーのようなものが出てきて強力な水流を噴きかけ、三次元で動く洗車用のたわしのようなものがユニットバスの内部をきれいに清掃してくれる装置が開発されないものか。

 これは難易度が高そうだが、私は不可能ではないと思っている。

◆生ゴミ分別処理機能付食洗器

 日本にも随分と食洗器が浸透してきた。しかし、掃除機や洗濯機のようにほとんどすべての家庭に備わっているほどではない。なぜだろうか?

 私は、それがまだまだ掃除機や洗濯機ほど使い勝手がよろしくないのだと考える。早い話が「うまく洗えていない」うえに「ランニングコストが高い」ということだ。あるいは、うまく洗えるようにするのはもの凄く時間がかかったりする。その分、電気代や水道代がかかる。

 人が手で洗って20分のところを100分もかかるようでは文明の利器とは言いがたい。おまけに、人が最初に10分ほどかけて食器をさらっと流してやらなければならない場合もある。そうなると、人が節約できるのはたったの10分ということになる。

 私が考える理想の食洗器は以下のようなものだ。

 まず、容積にして今のシンクの2倍くらい大きい。そこへ、さらっと流すどころか食事が終わったすべての食器と共に、食べ残しや魚や鶏の骨もすべて一緒に入れてしまう。あとは上から蓋をする。中は水密状態。ボタンを押せば中で作業が始まり1時間ほどで終了。蓋を開ければ食器はすべて洗浄され、生ごみは自動的にディスポーザーで処理されている。そういう機械が理想的だ。

 多分、今の陶器の食器では無理だろう。専用の硬質プラスチックの食器しか使えない、というのならそれでもかまわない。食事のあと、放り込むだけという利便性が享受できるのなら、多くの人はそその程度のことなら妥協するだろう。

◆自動畳み機能付き全自動洗濯機

 洗濯機が普及したことによって家事労働は劇的に軽減された。さらに、全自動洗濯・乾燥機は洗濯という作業を「お洗濯物の中に入れてスイッチポン」というところまで簡単にした。しかし、ほとんど軽減されていない作業もある。それは、乾いたお洗濯物を畳んでタンスにしまうということ。

 ところが、世の中には乾燥から畳むところまでも自動でやってくれる機械があるらしい。ただし、非常に高価だという。一般家庭ではとても買えないレベル。何も人間がやるようにきれいに畳む必要はない。ある程度粗くても、タンスにしまえるレベルであればいいだろう。くるくると巻いた状態でもいいと思う。

 そういう機械が20万円から30万円で買えるのなら、それなりに浸透すると思う。これはマンションに限らず、すべての住宅で使えるはずだからメーカーも大量生産で臨める。

 ただ、難易度は高そうだ。技術面ではなく、コスト面で。しかし、これが普及すれば一般家庭で毎日20分から30分の家事労働が軽減されるはずだ。

◆自動清掃装置付きフローリング床

 そして、私が考えるマンション内設備における究極の未来装置が、この「自動清掃装置付きフローリング床」だ。カンタンに言うと、掃除機をかけなくてもよくなる仕組みだ。

 現在でも住戸内の床を這い回るように動いて掃除をしてくれる機械はある。使っている人も多いだろう。しかし、部屋の隅々や家具の隙間まではカヴァーしてくれない。私が夢想する自動洗浄装置は、部屋の隅だろうが家具の隙間だろうが、あるいは家具の下でもきれいに掃除できる。しかもスイッチひとつだ。

 まず、床面は一辺が3センチほどの正方形で区切られている。ボタンを押すと市松模様的に分けられた黒い部分、つまり全体の半分が床下数センチのところに沈んで、そこで自動的に埃を取り、汚れを洗浄する。

 処理を終われば黒い部分は床面に戻り、今度は残り半分の白い部分が床下に沈み、同じような処理が施される。そして白の部分も床面に戻れば掃除は終了。便宜的に市松模様の黒と白で説明したが、フローリングの木目模様がつながっていても何ら支障はない。

 吸い取られた埃や汚れはディスポーザーの生ごみのように一括処理される。これが実現すれば、掃除機をかける必要がなくなる。掃除機から吸い取った埃のかたまりを取り出す必要もない。床掃除はスイッチを押すだけ。

 この場合、床下の装置はかなり大掛かりになるし、スペースも必要だ。まずは富裕層の邸宅向けなどに開発してもらって、うまくいけば量産してマンションでも普及を図るような展開になるのだろうか。

 これら私が考えた「夢の装置」の半分でも実現すると、マンションでの暮らしの中身は劇的に変わるはずだ。それは一見今と同じように見えるが、管理人の作業や住戸内の家事負担が今の数分の一以下になる。そういう夢のような未来の情景を、いつの日か見てみたいものだ。