©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

過去に大きな失敗を体験した“しくじり先生”たちが、「自分のような人間を増やすまい!」という熱意を持って生徒たちにしくじった経験を教える反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。

©テレビ朝日

9月10日(日)の同番組には、昨年現役を引退した元サッカー日本女子代表・丸山桂里奈が登壇。

“日本代表選手なのに、サッカーのルールをよく知らなかった先生”として「なぜ自分は人を怒らせてしまうのか?がわかる授業」を行う。

2011年のFIFA女子ワールドカップ・ドイツの準々決勝ドイツ戦で決勝ゴールを決め、なでしこジャパンのW杯初優勝に貢献した丸山。銀メダルを獲得した2012年のロンドン五輪にも出場するなど、輝かしい成績を残した。

だが、丸山は現役時代、とんでもないしくじりをやらかしていたと打ち明ける。なんと「サッカーのルールをよく理解していなかった」というのだ。

そのせいもあって、監督やコーチに何度も怒られ、とても温厚な性格の澤穂希までをも激怒させたことがあると激白する。

©テレビ朝日

授業では、なでしこジャパン時代に激怒された大事件の数々をもとに、“相手を怒らせてしまう人間”の特徴と原因を解説。“怒られない人間”になるための授業を繰り広げていく。

生徒のなかには、サッカー解説者の松木安太郎の姿も。松木も、丸山の衝撃告白に仰天して…!?