【警告】新潟=小泉(43分) 広島=椋原(50分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】大谷幸輝(新潟)

写真拡大 (全2枚)

[J1リーグ25節]新潟 0-0 広島/9月9日/デンカS
 
【チーム採点・寸評】
新潟 5.5
ピンチは大谷を中心に耐え凌いで、試合終盤に攻勢をかけるも勝ち切れず。タンキが期待に応えてくれないところがつらい。
 

【新潟|採点・寸評】
GK
1 大谷幸輝 6
17分のパトリックのシュート、71分の柴粼のシュートをストップ。CKにもしっかりと対処した。
 
DF
8 小泉 慶 6
1対1の強さを発揮。73分には鋭い突破からシュートも放った一方で、ミスから警告を受けるなど軽率なプレーも。
 
44 大武 峻 6
アンデルソン・ロペスには左足を振り抜かせず、いいポジションから90分間を通して安定した対応を続けた。
 
50 富澤清太郎 6(81分OUT)
パトリックとしっかりと競り合い、競り負けても自由にさせなかった。接触プレーによって交代となったが、殊勲者のひとり。
 
27 堀米悠斗 6
攻撃での貢献は乏しかったが、アンデルソン・ロペスや柏との1対1を冷静に対処して完封に貢献した。
 
MF
6 磯村亮太 6
バランスを崩さず無失点で試合を進めた。後半途中から1ボランチ気味になって攻勢の時間を生み出した。
 
13 加藤 大 6(65分OUT)
ディフェンスラインの前で相手に自由を与えなかった。プレースキックの精度はイマイチだった。
 
7 ホニ 5(74分OUT)
守備を怠らず鋭いドリブル突破も見せたが、アタッキングエリアではパワー不足が否めなかった。
 
40 小川佳純 6
移籍後初出場、初先発。相手の間にポジションをとって巧みに周りを生かし、プレーで経験値の高さを見せた。
 
9 山崎亮平 5.5
ゴールへ向かっていく形を多く作り出したが、ゴールにはつながらず。クロスの精度が物足りなかった。
 
11 ドウグラス・タンキ 5
ボールが収まらずスタジアムのため息を誘う場面も。70分、87分の絶好機を仕留められず。
 
交代出場
FW
39 富山貴光 5.5(65分IN)
山崎からクロスが入っただけに、先に触ってシュートに持ち込みたかった。期待に応えられなかった。
 
FW
32 河田篤秀 5.5(74分IN)
3試合ぶりにチャンスを与えられたがインパクトのあるプレーはできず。アルビの救世主にはなれなかった。
 
DF
2 大野和成 ―(81分IN)
富澤の負傷によって急きょ、11節以来となる出場。86分に背後のパトリックをフリーにするも、シュートミスに救われた。
 
監督
呂比須ワグナー 5.5
立ち上がりからアグレッシブに出たが、アタッキングゾーンでは非力。シュート7本で無得点の結果は、現在の立ち位置を考えると厳しい。
 
【チーム採点・寸評】
広島 5.5
パトリックとアンデルソン・ロペスのブラジル人が不発。守備はしっかりと耐えたが、攻撃は手詰まりだった。
 
【広島|採点・寸評】
GK
34 中林洋次 6
87分にタンキのシュートは脇をすり抜けたが、間一髪で掻き出した。危ういプレーもありながら完封。
 
DF
40 丹羽大輝 6(74分OUT)
クロスの質は高かったが、フィードの質は高まらなかった。後半は山崎の応対に苦しめられた。
 
5 千葉和彦 6
山崎が切れ込んできても、なんとか中央で跳ね返した。ポゼッション時に持ち味を発揮できなかった。
 
4 水本裕貴 6
相手にスピードに乗られると苦しい対応になったが、しっかりといいポジションを取って無失点に抑えた。
 
3 高橋壮也 5.5(27分OUT)
ホニの応対に苦しんだ。良いところないまま、27分にアクシデントによって途中交代となった。
 
MF
6 青山敏弘 5.5
効果的な縦パスを入れられず攻撃のスイッチが入らなかった。青山らしさのない90分間だった。