クリーニングその1 泡をたっぷり立てる

写真拡大

紫外線ケアで夏中塗っていたUV剤。ちゃんと落とし切れていないと、たいへんなことになるって知ってましたか? 「毛穴が詰まってニキビや乾燥を引き起こすことも」と指摘するのは、美容家の瀬戸口めぐみさん。そうならないようにするためのケアとは…

【画像を見る】クリーニングその2 泡をガーゼに載せる

 

■ 【こびりついた汚れを簡単クリーニング】

夏にゴワついたり黄ばんだりしやすいデコルテや体の中心辺りは、皮脂腺が多く、皮脂で炎症を起こしやすいエリア。それなのにUV剤をちゃんと落とし切れていない人が多く、毛穴が詰まってニキビや乾燥を引き起こしているのだとか。そこで週に1度、ガーゼや肌にやさしいスクラブなどでこびりついた汚れを落としてあげたいもの。特にあご下から首、デコルテにかけては要注意! UV剤の落とし残しが多く、それが原因でのトラブルも多い部位。意識してクリーニングしましょう。

 

●やってみよう!クリーニング

1.泡をたっぷり立てる

顔と同じで、ボディも泡をしっかり立てたほうが汚れを包み込んでくれます。泡をたっぷり立てましょう。

2.ガーゼに泡を載せる

ガーゼ(はぎれでOK)を、手のひらに巻きつけます。ガーゼの上に1の泡をたっぷりと載せましょう。

3.やさしくなで洗いする

泡載せガーゼで、なでるようにデコルテやあご下、体の中心を洗います。落とし残しが多いエリアもスッキリ。

<瀬戸口さんアドバイス>

このガーゼ洗いは、デコルテのほか、ひじやかかとなどの角質にも効果的です。ボディソープで洗って!

 

●お助けアイテム

「なめらかにとろけるボディスクラブ 桃 ほんのり色づいた桃の香り」体温で溶けるスクラブ 320g 3,000円/まかないこすめ。「DHCオリーブボディスクラブ」やさしく角質ケア 200g 1,429円/DHC

夏のこびりつき汚れは、かなりの確率であなたにも! まだまだ暑いからシャワーだけで…なんていってないで、しっかり入浴&クリーニングで汚れから“脱皮”しましょう。