ここ数試合、ハイパフォーマンスを続ける大島。横浜戦でも勝利の立役者になった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 [J1リーグ25節]川崎3-0横浜/9月9日/等々力

 攻撃力が売りの川崎と堅守が光る横浜の“ホコタテ対決”となった神奈川ダービーは、3-0で川崎に軍配が上がった。
 
 川崎で勝利の立役者となったのが、自身にとって今季初ゴールとなる先制点を奪い、守備でも高く貢献した大島僚太だ。
 
 ここ数試合、好パフォーマンスが続くプレーメーカーは、横浜戦でも目を見張る活躍を見せた。
 
 14分、相手のクリアボールが目の前に転がってくると、ダイレクトで合わせて先制点をマーク。さらに相手が狙いとしていたカウンターにも冷静に対応し、ピンチを未然に防いだ。
 
 この活躍に中村憲剛、小林悠も目を細める。
 
「得点に絡むことができれば(大島)僚太は日本でトップの選手。すでに十分に怖いですが、得点力が付いてくれば、今すぐにでも日本代表を狙える」(中村)
 
「僚太は練習からすごく良かった。シュートも上手い。ボランチの位置から決められるようになると大きいし、守備でも本当に効いている。一番走ってくれるし、潰す場面では気を利かせて挟み込んでくれる。相手のチャンスの芽を摘んでくれた。今日の僚太は素晴らしかった」(小林)
 
 絶対的な主軸である中村と小林に称賛された大島は、今後もチーム浮沈の鍵を握りそうだ。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)