志麻(しま)  大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業し、ミシュランの三つ星レストランでの研修を修了。その後、日本の有名フランス料理店で15年働く。家事代行マッチングサービス「タスカジ」に登録し、1年足らずで定期契約顧客数がナンバーワンとなる。予約表に登録すると30分以内に予約で埋まり、「予約が取れない伝説の家政婦」と呼ばれるようになる。各家庭に出向き、冷蔵庫にある食材で、フランス料理、和洋中など世界各国の料理に腕をふるう。各家庭の家族構成や好みにきめこまやかに応じた料理が人気でリピーターが絶えない。フランス人の夫と生まれたばかりの子どもと3人で暮らす。

写真拡大

いつもの冷蔵庫の食材が簡単! 贅沢レシピに大変身! もう献立に迷わない!
「沸騰ワード10」(日本テレビ系)で話題沸騰中の 「伝説の家政婦」志麻さんが、ついに待望の処女作『志麻さんのプレミアムな作りおき』を発売! たちまち大きな話題となっている。
ふだんお家で食べたことのない「タンドリーチキン」、「農家の野菜スープ」、「ラタトゥイユ」、「豚肉のビール煮」、「お米のニース風サラダ」、「ローストビーフ」、「アッシ・パルマンティエ」、「ハヤシライス」、「メンチカツ」、「チョコレートムース」など、フランス家庭料理から、和洋中、エスニック、おやつまで秘伝のレシピが多数収録され、ふだん料理をしない人でも、手早く簡単に作れてしまうというから驚きだ。
冷蔵庫にあるふつうの食材が、なぜ、ワンランク上の「簡単! 贅沢レシピ」に変身するのか? 
これさえ覚えておけば、平日多忙なお父さんお母さんも、尊敬の眼差しを浴びるかもしれない。
3時間で15品以上作るという志麻さんを、本書担当編集が直撃したレポートをお送りする(撮影:新居明子 、構成:寺田庸二)。

フランス人と日本人の違い

 志麻さんの料理の原点は、祖母と母にあります。
 ただ、志麻さんの旦那さんはフランス人なので、旦那さんのお母さんから学んだことも数多くあるそうです。
 その中の最たるものが、料理をするときにまったく気負わないこと。

 日本だと、料理をしなければと、つい気負いがちですが、フランス人のお母さんはそれがまったくない! しかも、楽しみながら料理をしている! これは驚きだったのだとか。

 日本の場合、料理をすべてつくってから食卓を囲みますが、フランス人は「作る時間より食べる時間を大切にする」ので、料理をしながら食事をする。
 志麻さんがフランスに行ってなによりも驚いたことは、とにかく食事にかける時間が長いこと。
 お酒と前菜をつまみながら、あーでもない、こーでもないとたわいもない話をして、なかなかメインディッシュにたどりつかない(笑)。これがある意味、フランス文化の豊かさなのですね。

 また、近くの農家のおじいちゃんも、ふつうにワインなどのお酒を、計量カップをまったく使わずに、ドボドボ目分量でワインを入れて料理を作る。
 みんなでわいわいワインを飲みながら、ローストビーフを各自のペースで切って食べる。そんなフランス人の気負いのなさが、豊かなライフスタイルを生んでいるのだとか。

 本書の出版に際して、志麻さんがフランス家庭料理の魅力をなによりも紹介したいと思ったのは、読者のみなさんにも、「気負わずに料理を楽しんでいただきたい」ということでした。

 冷蔵庫にある食材や驚くほど少ない調味料で、簡単贅沢なワンランク上のレシピ(→メニューは本連載第1回http://diamond.jp/articles/-/140457を参照)が、各家庭で作れることを実感し、「料理ってこんなに楽しいんだな」と思っていただけたればと思います。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)