エスパニョールに圧勝したバルサ

写真拡大

リーガ・エスパニョーラ2017-18の第3節、FCバルセロナ対エスパニョールのバルセロナダービーが9日20:45(日本時間10日3:45)にカンプノウでキックオフを迎えた。試合は5-0でバルサが圧勝、暫定首位に浮上した。
また、メッシがハットトリックを達成、そして新加入の20歳デンベレが後半にデビューを飾った。

代表ウィーク明けとあり、選手の体力面などに不安があったが、試合が始まるとバルサの調子の良さが分かる展開に。パス回しのスピード、質が非常に高く、ダービーマッチというモチベーションもプラス要素として感じられる内容となった。

メッシがこの試合も引き続きチームを牽引し、前半2点、後半1点でハットトリックを達成した。
そして、クラブ史上最高額で加入したデンベレが後半24分にデウロフェウと代わってピッチに送り出され、デビューを飾った。デビュー戦はスピードで観客を魅了し、試合終盤にはスアレスの得点をアシストした。

前半26分、バルサが先制。エリア外からラキティッチがスルーパスを送り、メッシが受け取ると、相手DFをかわしてシュート。メッシのシュートはネットに突き刺さった。ポジショニングとしてオフサイドと捉えれる位置だったが、旗は上がらず。

前半31分、ラキティッチとメッシのワンツーでエスパニョールゴールに迫るが、GKがラキティッチの低く地下エア強いシュートをナイスセーブ。

前半35分、バルサが追加点。メッシが1人で持ち上がると、左を走っていたアルバにパスを出そうとして相手DFにボールが当たるが、これがオーバラップしたアルバに繋がり、アルバからメッシに折り返すと、メッシが最後は押し込んだ。メッシが前半だけでドブレーテを達成。

後半に入り、バルサの攻撃のペースは上がる。後半6分にメッシ、後半10分にスアレスがゴールに迫るが、枠を捉えきれず。

後半16分、エスパニョールに決定機。エリア中央でアーロンがボールを受け取ると左足を振り抜いたが、ユムティティが体でボールを弾き、バルサは間一髪で失点を防いだ。

後半22分、メッシがハットトリック達成。スアレスがエリア内に持ち込みシュートコースを防がれると左にいたアルバにパス。アルバはすかさずメッシにボールを送り、メッシが左足でシュート。エスパニョールは疲労で全くスピードについてこれず。

後半24分、遂にデンベレがデビュー。デウロフェウに代えてピッチに送り出された。

後半28分、ブスケツに代えてパウリーニョが投入された。

後半32分、イニエスタに代えてアンドレ・ゴメスが投入された。

後半36分、パウリーニョに得点機が巡ってきたが、スアレスのセンタリングにあと一歩追いつかず。

後半42分、試合終盤でバルサが追加点。荒れ始めていた試合だったが、コーナーキックにピケが頭で合わせてネットを揺らした。

後半45分、バルサがまたしても追加点。アンドレ・ゴメスがスルーパスをデンベレに送ると、デンベレは逆サイドを走っていたスアレスにラストパス。スアレスがワンタッチで最後はGKのタイミングをずらしてネットを揺らした。デンベレはデビュー戦でアシストを記録した。

FCバルセロナの先発メンバーは以下の通り。
GK
テア・シュテーゲン

DF
セメド
ピケ
ユムティティ
アルバ

MF
ブスケツ
ラキティッチ
イニエスタ

FW
メッシ
スアレス
デウロフェウ