森岡亮太【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間9日にベルギー1部リーグ第6節が行われ、MF森岡亮太が所属するベフェレンはオイペンに5-1で勝利した。先発出場で84分までプレーした森岡は2ゴール1アシストを記録してチームの勝利に貢献している。

 ここまで1勝2分2敗で10位のベフェレンは、14位に低迷するオイペンか勝ち点3を奪いたいところ。チームは森岡を中心に良いスタートを切った。

 17分に森岡のアシストでセックが先制点を挙げると、直後に森岡が自ら決めた。ゴール前で競り合ったアンポマーが落としたボールに2列目から走り込んだ森岡が合わせて2点目を奪う。

 前半終了間際には森岡が再びゴールを決めた。前を向いて横パスを受けた森岡は、ペナルティエリア手前からミドルシュート。DFの股をきれいに通したシュートがゴール左隅に決まって3-0として折り返す。

 後半は3点差を維持していくが、終盤は押し込まれる展開に。84分に1点を返されたあとでベフェレンは森岡を下げて逃げ切りを図る。その後2点を加えたベフェレンは、5-1で勝利して今季2勝目を挙げた。

text by 編集部