ユーヴェが開幕3連勝でCLに弾み…新10番ディバラは3試合で5得点

写真拡大

 セリエA第3節が9日に行われ、ユヴェントスとキエーヴォが対戦した。

 代表戦の疲れとミッドウィークに控えるチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のバルセロナ戦を考慮してGKジャンルイジ・ブッフォンやFWパウロ・ディバラを温存して臨んだユヴェントスだが、前半のうちに先手を取る。

 17分、右サイドでFKを得ると、キッカーのミラレム・ピアニッチがゴール前へクロスを供給。対応したキエーヴォのペルパリム・ヘテマイが頭でクリアしたが、このボールがそのまま自陣ゴールネットを揺らしてしまい、オウンゴールとなった。

 その後はなかなか攻撃の形を作ることができなかったユヴェントスは、後半立ち上がりの54分にドウグラス・コスタを下げ、ディバラを投入。するとその4分後に追加点が決まる。前線でキープしたディバラからパスを受けたピアニッチがペナルティエリア右にスルーパス。最後はイグアインが右足のシュートをゴール左上に蹴り込んだ。

 終盤の83分にはエリア内右で受けたディバラが中央に切り込みながら左足でシュート。これがゴール右下に決まり、決定的な3点目となった。

 試合はこのまま3−0でタイムアップ。ユヴェントスが快勝で開幕3連勝を飾った。

 次節、ユヴェントスは17日にアウェイでサッスオーロと、キエーヴォは同日にホームでアタランタと対戦する。

【スコア】
ユヴェントス 3−0 キエーヴォ

【得点者】
1−0 17分 OG(ペルパリム・ヘテマイ)(ユヴェントス)
2−0 58分 ゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス)
3−0 83分 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)