ダニー・ウェルベックが2ゴール

写真拡大

[9.9 プレミアリーグ第4節 アーセナル3-0ボーンマス]

 プレミアリーグは9日、第4節を行った。アーセナルはホームでボーンマスと対戦し、3-0で勝利した。

 前節リバプールに0-4と惨敗したアーセナル。その試合からDFロブ・ホールディング、リバプールに移籍したMFアレックス・オクスレード・チェンバレン、FWアレクシス・サンチェスに代え、DFシュコドラン・ムスタフィとDFセアド・コラシナツ、FWアレクサンドル・ラカゼットを先発で起用した。

 試合は一方的な展開となった。アーセナルは前半6分、MFアーロン・ラムジーとのワンツーで左サイドを突破したコラシナツがクロスを供給。FWダニー・ウェルベックが頭で合わせに行ったが肩に当たり、これがGKアスミール・ベゴビッチのタイミングを外すことに成功し、先制のゴールネットを揺らした。

 “らしい”攻撃を展開していくアーセナルは前半15分、ペナルティーアーク左脇でFKを獲得し、MFメスト・エジルが左足でコントロールショットを放つが、GKベゴビッチのファインセーブに遭う。それでも27分、エジルの縦パスからウェルベックのパスを受けたラガゼットがペナルティーアーク内から右足を一閃。豪快にゴールネットに突き刺し、2-0と突き放した。

 前半ボーンマスのシュートを0本に抑え、攻守が噛み合っていたアーセナル。後半3分にFWジャーメイン・デフォーに右ポスト直撃のヘディングシュートを浴びるが、5分に追加点を挙げる。敵陣でボールを奪い、ラムジーがPA左へラストパス。これをウェルベックが左足で右サイドネットに流し込み、3-0と試合を決定づけた。

 面白いようにシュートまで持ち込んでいくアーセナルは、後半11分にDFエクトル・ベジェリンがPA右にふわっとしたパスを送り、エジルが利き足とは逆の右足で狙うも、わずかに枠を外れる。22分にMFフランシス・コクラン、30分にはサンチェスとFWオリビエ・ジルが投入する。だが、36分にコクランが左腿裏を痛め、自らピッチ外へ引き上げてしまい、残りの時間を10人で戦うことになった。

 終盤にボーンマスの反撃を受けたアーセナルだったが、GKペトル・チェフを中心に無失点に抑え、3-0で完封勝ち。連敗を2で止め、開幕戦以来の勝利を飾った。


●プレミアリーグ2017-18特集