マインツの武藤嘉紀(右)【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間9日にブンデスリーガ第3節の試合が行われ、マインツはレバークーゼンと対戦し3-1の勝利をおさめた。この試合でマインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀は1得点決めている。

 試合開始して22分、レバークーゼンのドミニク・コールに先制点を決められた。それでも45分、武藤は左からのクロスをファーポストで受け、難しい体勢から左足ボレーで蹴り込んだ。開幕から2試合無得点だったマインツの今季チーム初ゴールであり、武藤にとっても初ゴールとなった。

 その後、2点を追加したマインツは3-1の勝利をおさめている。独紙『ビルト』はタイトルに「マインツの日本人による空手キックが炸裂」とつけ、試合内容と共に武藤の得点シーンを紹介した。

text by 編集部