シティに朗報! マネとの接触で負傷交代のGKエデルソンは骨折免れる

写真拡大

▽マンチェスター・シティは9日、同日行われたプレミアリーグ第4節のリバプール戦で負傷交代したブラジル代表GKエデルソンの状態に関する最新のレポートを発表した。

▽シティは、前節アーセナルに大勝したリバプールをホームに迎えた一戦で5-0の大勝を飾り、今季初の連勝を飾った。だが、この試合の37分にはディフェンスライン裏に送られたボールに対して飛び出したエデルソンが、リバプールFWサディオ・マネと交錯。マネのスパイクを横っ面に受けたエデルソンは、裂傷と共に骨折や脳震とうが疑われたためストレッチャーに乗せられてピッチを後にし、チリ代表GKクラウディオ・ブラーボが緊急投入されていた。また、この危険なファウルによって、マネにはレッドカードが掲示されていた。

▽シティは同試合後、エデルソンの状態に関して精密検査の結果、骨折や脳震とうの兆候が見つからなかったことを発表した。

▽また、イギリス『デイリー・メール』はエデルソンが試合中に医務室からスタンドに戻り、チームメートと共に試合を観戦している様子も伝えている。