【警告】甲府=小椋(28分) 清水=松原(73分)、白崎(80分)、六反(90+3分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】北川航也(清水)

写真拡大 (全2枚)

[J1リーグ25節]甲府 0-1 清水/9月9日/中銀スタ
 
【チーム採点・寸評】
甲府 5.5
巧妙なプレスで清水の組み立てを阻止しつつ、相手の弱みである背後を突く攻撃を見せた。しかしゴール前の余裕がなく無得点。
 
【甲府|採点・寸評】
GK
23 岡 大生 5.5
失点シーンは強烈シュートだったが、手に当てていた。しかし北川に狭いコースを破られ、数少ないピンチで耐えられず。
 
DF
8 新井涼平 6
カバーリング、対人の潰しで機動力と強さを見せ、前線にカツを入れる強引な攻め上がりもあった。
 
3 畑尾大翔 5.5
総じて安定した対応を見せていたが、前線との「ズレ」を解消できず。失点場面もカバーが遅れた。
 
5 新里 亮 6
ボールの運び出し、配球といった仕事も無難にこなしていた。ただ失点場面でデュークと競った後の対応は反省材料か。
 
MF
27 橋爪勇樹 6
前半はサイドで起点となり何度もチャンスを作り出して攻撃の「切り込み隊長」になっていた。守備の対応も無難。
 
40 小椋祥平 6
奪うだけでなく前線に良い飛び出しを見せていたが、最後のところで精度不足。ただそれは彼の仕事でない。
 
15 兵働昭弘 6(79分OUT)
スルーパス、サイドチェンジと左足の威力は見せたが……。8本のCKを得ていただけに、ゴールに結び付けたかった。
 
14 田中佑昌 6(79分OUT)
開始2分のループシュートなど面白い場面もあったが、やはりクオリティという問題が伴う。
 
27 阿部翔平 5.5(88分OUT)
E・リマ不在の影響もあったが、左サイドを上手くグループで崩せず。失点の場面も北川に入れ替わられた。
 
FW
39 リンス 6
良い場所で良い受け方ができており、ボールの収まりは〇。無得点だがチャンスメイクの質は悪くなかった。
 
10 ドゥドゥ 6
切れは取り戻しつつあり、3本のシュートを放った。しかし余裕を欠いたのかシュートが正直すぎた。
 
交代出場
DF
4 山本英臣 ―(79分IN)
チームリーダーの投入から4-3-1-2に布陣変更。アンカーの位置から好配球を見せたが結果は出ず。
 
FW
9 ウイルソン ―(79分IN)
リンスがトップ下に入り、ドゥドゥと2トップを組んだ。89分の決定機はリンスのクロスを決め切れず。
 
MF
16 松橋 優 ―(88分IN)
最終盤に4バックの左へ入ったが、短い時間のなかで攻守ともに見せ場というべき場面は訪れず。
 
監督
吉田達磨 5.5
「良い内容」だったことはフェアに評価するべきだが、残留争いに向けて必要なものは結果だった。
 
【チーム採点・寸評】
清水 5.5
ボールの保持率、決定機の数で上回られ、守備も最終ラインの不安定さが露呈。しかし主力が欠場したなかで勝点3を得た。
 
【清水|採点・寸評】
GK
13 六反勇治 6.5
味方のシュートブロックに助けられた部分はあったが、オーガナイズを保ち、16本のシュートを防ぎ切った。
 
DF
2 鎌田翔雅 6
攻撃への寄与はあまりなかったが、危険なコースを切って相手の選択肢を奪い、対人の安定感も見せていた。
 
45 角田 誠 6
ブラジル人FWのスピード、切れに苦しんでいたが、ゴール前の踏ん張りどころでは身体を張り、完封に貢献した。
 
26 二見宏志 5.5
入れ替わられたり、裏を取られたりする場面が多く要反省。フィードも不安定で、甲府のカウンターを招いていた。
 
25 松原 后 5.5
自身の左サイドから甲府に押し込まれ、縦や中へのスペースに侵入されたが、後半は若干持ち直した。
 
MF
7 六平光成 6.5
オン・ザ・ボールの場面は多くなかったが、忠実にスペースを埋め、CBと挟む対応もできていた。