ヘルタ・ベルリン、クラブ創立125周年を迎えた2017-18新ユニフォーム!

写真拡大 (全7枚)

原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは、7月25日でクラブ創立125周年を迎えた。

シーズン開幕前の7月29日には、同じくクラブ創立125周年のリヴァプールをベルリンに招いて“125周年記念試合”を開催したが、残念ながら0-3で敗れている。なおこの試合、ヘルタは125周年記念ユニフォームを着用して試合に臨んだ。

2017-18シーズンの新ユニフォームは、6月28日にホーム、アウェイ、サードの各モデルを発表。少しだけ“125周年仕様”となっている。

Hertha BSC 2017-18 Nike Home

伝統とも言えるブルー/ホワイトのストライプデザインは変わらないが、昨シーズンモデルとは異なり、細めのストライプが復活した。

125周年を記念してチームエンブレムのアウトラインは、通常のホワイトではなくゴールドで彩っている。

肩周りは、より可動域を確保できるラグランスリーブを採用している。

今シーズンからはチームごとに異なる左袖のスポンサー。ヘルタは、ドイツを中心に欧州6か国でディスカウントショップを展開する「TEDi」と契約した。

6月28日の新ユニフォーム発表当日。金色の女神で有名なベルリンの戦勝記念塔(ジーゲスゾイレ)に、巨大なユニフォームを飾ってPRした。ユニークというか大胆!

Hertha BSC 2017-18 Nike Away

アウェイキットは力強さを感じるブラック。エンブレムのアウトラインと同様に、スウッシュ(Nikeロゴ)もゴールドで彩り特別感を演出した。

首周りなどの差し色にはブルーを配した。今シーズンは背番号もゴールドで縁取りしており、記念シーズンならではの雰囲気を醸し出している。

Hertha BSC 2017-18 Nike Third

レッドはヘルタのユニフォームに多用される色。デザイン自体は基本的に昨シーズンのピンクのサードキットと同じで、色違いバージョンという感じだ。

スウッシュの色はブラックで、エンブレムのアウトラインのみゴールドを配している。

サードキットは主にカップ戦での使用と思われる。原口もこのキットを着用し、DFBポカールのハンザ・ロストック戦に後半35分から出場した。