【警告】川崎=なし 横浜=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】大島僚太(川崎)

写真拡大 (全4枚)

[J1リーグ25節]川崎3-0横浜/9月9日/等々力
 
【チーム採点・寸評】
川崎 6.5
前半からリズミカルにボールを回し主導権を握る。カウンターへのケアも万全で試合をコントロールした。相手のミスがあったにせよ3ゴールを奪ったうえ、無失点で終えた点も評価したい。
 
GK
1 チョン・ソンリョン 6
38分にはH・ヴィエイラらの至近距離からのシュートをセーブ。ピンチが少なかったなか、集中力を保ち続けた。
 
DF
18 エウシーニョ 6.5
パスがズレるシーンはあったが、高い位置を保ち横浜守備陣の注意を引きつけた。心配された守備面でもマルティノスに仕事をさせず。粘り強く守り切った。
 
3 奈良竜樹 6.5
H・ヴィエイラの動きに目を光らせ、自由を奪った。後半は相手のクロスをよく撥ね返した。無失点勝利の立役者と言って良いだろう。
 
5 谷口彰悟 6
奈良とともに固い牙城を築く。味方とのマークの受け渡しもスムーズで、カバーリングも的確だった。
 
7 車屋紳太郎 6
攻め上がった時のクロス精度には課題を残すも、ディフェンス面では穴を空けず。齋藤、マルティノスとマッチアップの相手が頻繁に変わるなか、冷静に対処した。
 
MF
21 エドゥアルド・ネット 6.5
攻撃のタクトを振った大島を後方でサポート。リズム良く縦パスを入れ、攻撃を加速させた。そして57分には激しい寄せから小林にボールをつなぎ、貴重な追加点を演出した。
 
MAN OF THE MATCH
10 大島僚太 7.5(78分OUT)
相手のクリアボールをダイレクトで蹴り込んで先制ゴールをゲット! セカンドボールへの反応も抜群で、横浜が狙いとしたカウンターを何度も阻む。攻守に出色のパフォーマンスだった。
 
14 中村憲剛 6.5(84分OUT)
開始3分に強烈なミドルを放つなど積極性が光った。球離れも良く、家長、阿部、大島らとの連係からチャンスを演出。家長のゴールもアシストした。
 
8 阿部浩之 6
21分と43分にビッグチャンスを迎えるも決め切れず。それでも前線からの献身的なプレッシングでチームを助けた。先制点も彼のクロスが起点だった。
 
41 家長昭博 6.5
中央、左右と自由に動き回り、ボールを引き出した。75分には中村からのスルーパスを受けて落ち着いてチーム3点目を奪取。ここ最近の好調ぶりをこの試合でも示した。
FW
11 小林 悠 7(89分OUT)
阿部からのクロスを胸でつなごうとしたところをクリアされたが、そのボールが先制ゴールにつながった。そして57分には相手ゴール前でボールを拾うと、右足を一閃。豪快にネットを揺らした。
 
交代出場
MF
19 森谷賢太郎 -(78分IN)
大島に代わってボランチに入る。相手のプレスに苦しむ場面もあったが、的確にパスをつないだ。
 
DF
23 エドゥアルド -(84分IN)
3点リードのなか守備固めとして登場。終盤は横浜に攻め込まれる時間が続くも、身体を張って防いだ。
 
MF
16 長谷川竜也 -(89分IN)
出場時間こそ短かったが、前線で走り回った。3-0のまま試合を締めた。
 
監督
鬼木 達 6.5
リスク管理を徹底させ、完勝に導く。終盤には3バックにシステムを変える逃げ切り策も提示した。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
横浜 4.5
守備時は実質4-5-1にしてブロックを形成する相変わらずの安全策を取ったが、14分の失点でプランが崩れる。その後もパス回しに翻弄されてプレス効かないうえ、数少ないチャンスも活かせず、57分と75分の失点で万事休す。3失点大敗で2位から5位まで順位を下げた。