イラストレーターのLance Phanさんは、顔写真からピクサー映画の登場人物風のCGイラストを書き起こすというサービスを行っています。これまでの作品はインスタグラムやFacebookに掲載されています。

ピクサー・アニメーション・スタジオは『カーズ』『トイ・ストーリー』『ファインディング・ニモ』といった作品が思い浮かびますが、出来上がったイラストを見ると本当にそれらの作品の登場人物のように見えるのが驚きです。

Phanさんが初めて描いたピクサー風イラストはこちら。

Phanさんは2016年にBlender(3Dモデリングソフト)の扱いに慣れた頃、何人かの人に写真を3DCGイラストにしてよいかお願いしたところ、この女性は依頼に応じてくれたうちの一人だそうです。

http://lancephan.com/gallery

こちらの女性も応じてくれたうちの1人。

http://lancephan.com/gallery

http://lancephan.com/gallery

http://lancephan.com/gallery

http://lancephan.com/gallery

http://lancephan.com/gallery

http://lancephan.com/gallery

http://lancephan.com/gallery

http://lancephan.com/gallery

http://lancephan.com/gallery

依頼すると描いてくれる可能性も

Phanさんはイラスト化を有料で受け付けていますが、現在のところ予約が1ヶ月分埋まっているそう。受付が再開されるまで待つ必要がありそうです。

価格は元の画像をどれだけイラスト化するかで費用が変動するようですが、このイラストの元画像のように詳細な写真であれば225ドル(約2万4000円)ほどになるようです。納品は基本的にPNGファイルで納品されます。

Facebook/Lance Phan

Phanさんの公式サイトでこれまでの多くの作品と依頼方法が記載されているので、興味がある方は連絡をとってみてはいかがでしょうか。