ハットトリックを達成したジネイ。湘南はいよいよ独走態勢だ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 J2リーグは9月9日、32節の6試合を開催した。

 首位の湘南は、敵地で山口と対戦した。24分にアンドレ・バイアのゴールで先制した湘南だが、28分、38分と失点し、逆転を許してしまう。前半終了間際にオウンゴールで追いついた湘南は、後半に助っ人FWのジネイが爆発。後半だけで3得点を挙げる大活躍を見せ、湘南が山口のその後の反撃を1点に抑え、点の取り合いを5-3で制した。

 2位の福岡は、ホームで愛媛と対戦。福岡は前半アディショナルタイムに愛媛の丹羽誌温に先制点を許すと、その後もゴールが遠く、0-1で敗戦を喫した。

 また3位の名古屋もホームで大分を相手に0-1で敗戦。0-0で迎えた終盤の89分に大分の鈴木義宜に決勝弾を許し、痛恨の黒星を喫している。

 これで上位3チームの勝点は、首位の湘南が67、2位の福岡が57、3位名古屋が53となっている。9月10日は長崎対徳島の4位対5位の上位対決があり、どちらが勝っても名古屋を抜き、3位に浮上する。

 9日のJ2リーグ・32節の結果は以下の通り。

J2リーグ・32節
山口 3-5 湘南
福岡 0-1 愛媛
名古屋 0-1 大分
山形 2-2 京都
水戸 1-2 岐阜
横浜FC 2-0 金沢
岡山(10日開催)町田
讃岐(10日開催)熊本
東京V(10日開催)松本
群馬(10日開催)千葉
長崎(10日開催)徳島