勝利した鹿島アントラーズ【写真:Getty Images】

写真拡大

 9日、明治安田生命J1リーグ第25節の8試合が各地で開催された。

 前節時点で首位に立っていた鹿島アントラーズはホームで大宮アルディージャと対戦。金崎夢生が33分に決めた先制点を守りきり1-0の勝利をおさめリーグ3連勝としている。

 2位の横浜F・マリノスと3位の川崎フロンターレによる“神奈川ダービー”は、川崎Fが3-0で横浜FMを下し順位が逆転。川崎は2位に浮上し、柏レイソルが浦和レッズを2-1で破り、セレッソ大阪もFC東京に4-1で勝利したため、横浜FMは5位に転落した。

 ガンバ大阪とヴィッセル神戸の“関西ダービー”は、2-1で神戸に軍配。神戸にとっては公式戦8試合ぶりの勝利となった。降格圏内を脱したいアルビレックス新潟とサンフレッチェ広島の試合は0-0の引き分け。87分に決定的なチャンスが新潟に訪れたが、ゴールラインぎりぎりでGK中林洋次が止めている。

 9日に行われた8試合の結果は以下の通り。

札幌 2-1 磐田
甲府 0-1 清水
鹿島 1-0 大宮
浦和 1-2 柏
FC東京 1-4 C大阪
川崎F 3-0 横浜FM
新潟 0-0 広島
G大阪 1-2 神戸

text by 編集部