金崎が丁寧な右足シュートで決勝点を挙げた。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

【J1リーグ25節】鹿島1-0大宮/9月9日/カシマ
 
 千両役者が仕事をした。ホームに大宮を迎えたJ1リーグ25節。鹿島の金崎夢生が決勝点を挙げ、チームを1-0の勝利に導いた。

【鹿島 1-0 大宮PHOTO】盤石の試合運びで勝利の鹿島が首位を堅持!
 
 ハイライトは33分、左サイドに開いた金森健志にボールを預けると、自身はタイミングを見てエリア内に侵入。金森のグラウンダーのクロスを右足で合わせ、GK加藤順大のニアサイドを抜いた。鹿島はこのゴールで3連勝を達成。勝点を55に伸ばし、2位・川崎と勝点差6の首位をキープした。
 
 一方の大宮は2試合ぶりの黒星。12分に江坂任が決定的なヘディングシュートを放つなど、何度かチャンスはあったが、モノにできなかった。大宮はこの敗戦で広島に勝点20で並ばれ、得失点差で17位に順位を下げている。