桐生よりちょっと早い!「9秒台」で決まったゴール集

写真拡大

9日、日本の陸上界の歴史が変わった…。

福井県営陸上競技場で行われた陸上日本学生対校選手権で、桐生祥秀が男子100m決勝で9.98秒という公式記録を打ち立てたのだ。

これは1998年に伊東浩司が達成した10.00秒を上回るもので、日本人として初めての9秒台という伝説が生まれたのである。

そして、サッカー界でもキックオフから9秒台で決まったゴールがいくつかある!乗っかりたいので特集してみたぞ。

ケヴィン・フォラン

2015年にドイツ・ブンデスリーガで記録を達成したのが、現在はレヴァークーゼンに所属するケヴィン・フォランだ。

ホッフェンハイムでプレーしていた彼は、バイエルンのバックパスミスを逃さず奪い去り、ゴールに流し込んだ。

その記録は9秒。桐生より速い。

カリム・ベララビ

そして、そのフォランの記録を僅かに上回っていると言われるのがカリム・ベララビのゴールだ。

2014年8月23日のボルシア・ドルトムント戦で、レヴァークーゼンに所属する彼はバックパスを掻っ攫ってネットを揺らす!

その記録はフォランとほぼ同時の9秒。桐生より速い。

レドリー・キング

プレミアリーグの歴史上で最速のゴールを記録したのが、トッテナム・ホットスパー一筋にプレーした伝説的DFレドリー・キングだ。

2000年に行われたブラッドフォード・シティ戦。まだデビューから間もない20歳の彼は、キックオフからするすると上がり、ロングボールのこぼれ球を受ける。

そしてバイタルエリアから強烈なミドルシュート!このゴールがなんと9.9秒を記録し、歴史上に名を残したのだった。当時の年齢も桐生に近い。

ジャスティン・メラム

MLSプレーオフで決まったのが、アメリカ生まれのイラク代表WFジャスティン・メラムによるスーパーゴールだ。

2015年11月22日、ニューヨーク・レッドブルズとの試合でロングボールから攻め込み、ゴール前で訪れた絶好のチャンスを決めてみせた。

このゴールこそ、桐生が記録した9.98秒に近いタイミングのものだったと言えよう。