男子が勘違いしちゃう「女子の思わせぶり言動」

写真拡大



意識もしてなかった男子から、いきなり告白されたことがある女子もいるでしょう。


もちろん、彼は人知れずあなたのことが昔から好きだった、ってこともありますが、あなたが勘違いさせてしまって、「いける!」スイッチを入れてしまった可能性も無きにしも非ずです。


今回は、男子が勘違いしちゃう女子の思わせぶり言動を紹介。

■興味はないけど彼女の有無の確認

「初めてキャバクラに行った時、隣についたキャバ嬢にやたら彼女の有無とか好きなタイプとか聞かれたから、付き合えるんじゃ?って期待して同僚に相談したら『キャバ嬢なんていろんな客に同じこと聞いてるぞ』って笑われた」(27歳/証券)


話の流れでなんとなく彼女の有無とか聞いてしまうことってありますよね…。特に恋愛トークが好きな女子なら、男子の好きなタイプとか聞いて恋愛の参考にしたりする子もいるはず。


でも、それを好きでもない男子にすると勘違いさせてしまうことも。男子は、女子ほど恋愛に関する話をしませんからね。

■さりげなく触られる

「好きでもない女子に手相みてもらっても『ありがとー』くらいだけど、好きな女子に手相見られたら、そりゃ少しは可能性あるかなぁとか勘違いしてしまう。男って触られるのに弱いんだって」(30歳/IT)


「『あー、目にまつげ入りそう。ちょっとじっとしてて』とまつげをとってもらっただけで好きになったとこある」(29歳/建築)


あからさまなボディータッチって男子もわざとらしいとか、男慣れしれいるとか。


マイナスな印象があって毛嫌いする人もいるけど、さりげないボディータッチってなんかドキドキしちゃうという男子も多いです。勘違いされたくないなら、触れないことですね。

■目があった時にニコッ

「遠くで目があった時にニコッて微笑まれると『好かれているのでは…』とドキドキする。まぁ大抵俺の勘違いだけど。興味ないなら微笑みがえしいらない」(27歳/広告)


目が合ったとき無表情でふっとそらすって、なんか冷たい感じがしますよね。ついニコッと微笑んじゃう女子もいるんじゃないでしょうか?


でも微笑まれた男子は胸キュンだったりします。マナーのつもりでも、それがきっかけで好きになることもあるので微笑み返し要注意です。会釈ぐらいが良いんですかね。

■バレンタインにチョコ

「学生時代バレンタインに後輩からチョコもらって、勝手に本命チョコだと勘違いしてホワイトデーに告ったら振られた…。本命か義理かわかりにくいチョコは渡す時には義理ですって言ってくれ」(29歳/不動産)


バレンタインって、恋愛感情はなくても日頃の感謝として友達に配る!という女子も多いはず。いわゆる、義理チョコ文化ですよね。


でもやっぱりバレンタインって、男子は色々意識しちゃうんです…。義理かな?とは思いつつも「もしかして…」という淡い期待も少しは持ってます。


勘違いさせたくないのなら、間違っても二人きりの時に渡さない方がいいかも。

■おわりに

こっちはその気が無かったのにいつの間にか、なんか彼に好かれている…と、紐解けばきっかけはこっちの言動だったとなれば、なんだか罪悪感もひとしおですよね。


少しのきっかけで勘違いしちゃう男子もいます。フレンドリーに接するのはいいけど、勘違いさせちゃう言動は控えましょうね。(美佳/ライター)


(ハウコレ編集部)