川崎フロンターレが横浜F・マリノスに勝利【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

【川崎フロンターレ 3-0 横浜F・マリノス J1リーグ第25節】

 明治安田生命J1リーグ第25節の試合が9日に行われ、川崎フロンターレが横浜F・マリノスをホームに迎えての“神奈川ダービー”が開催された。

 川崎Fは前節まで5試合連続無敗、横浜FMは14試合連続無敗と両チームともに好調を維持。首位の鹿島アントラーズを追う3位と2位という状況で、優勝争いの生き残りを懸けた大一番を迎えた。

 横浜FMは5試合連続無失点の堅守を誇っていたが、前半14分には早くも川崎Fがその守備をこじ開けることに成功する。デゲネクの中途半端なクリアボールに反応した大島がエリア手前からダイレクトで放ったシュートがゴール右隅に突き刺さり、ホームチームが先制点を奪った。

 1点リードで前半を折り返すと、57分にはさらに川崎Fがリードを広げる。守備陣のミスを突いてボールを奪った小林がドリブルで中央へ持ち込み、ペナルティーアーク付近から強烈なシュートをゴール中央へ叩き込んだ。

 さらに75分、中村憲剛が扇原から高い位置でボールを奪い、ゴール前へ抜け出す家長にパスを通す。フリーになった家長がGKとの1対1の形を確実に制し、川崎Fの勝利を決定づける3点目を蹴り込んだ。

 横浜FMは今季初となる3失点を喫し、無敗記録がついにストップ。川崎Fは横浜FMを抜いて2位に浮上し、鹿島に対する対抗馬の一番手に名乗りを上げた。

【得点者】
14分 1-0 大島僚太(川崎F)
57分 2-0 小林悠(川崎F)
75分 3-0 家長昭博(川崎F)

text by 編集部