舞台「煉獄に笑う」に出演する鈴木拡樹(写真左)と崎山つばさ(写真右)/撮影=福岡諒祠

写真拡大

唐々煙の人気漫画を舞台化し、伝説の化物に繋がるという「髑髏鬼灯」の謎を追う主人公・石田佐吉(後の石田三成)と、その謎に関わる曇神社の双子らの冒険を描く舞台「煉獄に笑う」。その千秋楽公演を、テレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメが生中継(9月10日後5:00〜8:00)する。昨今、頻繁にその人気ぶりが取り上げられる2.5次元舞台だが、今回のようなTV生中継の前例は少ない。スカパー公式アプリ「ヨムミル!Plus」の取材で、そんな本舞台への思いを出演する鈴木拡樹と崎山つばさに聞いた。

「普段の(鈴木)拡樹くんは仙人みたいですよね」と崎山つばさ/撮影=福岡諒祠

――まずはお二人が今回演じる役柄について教えてください。

鈴木「僕が演じる石田佐吉は、すごく真っ直ぐで不器用なんです。真っ直ぐ過ぎて一つ間違えば浮いてる子なんですけど(笑)。周りのみんなが風を感じて、その風に巻き込まれてくれることによって物語が動いていく。その絶妙なラインっていうのが演じるにあたっては難しいところでもあるんですけど…。僕も原作を読み進めていくうちに『彼の強さの先に何かが見えるかもしれない』と感じたので、そこをもっと研究しなきゃなって思いました」

崎山「僕が演じる曇芭恋は、まぁ自由な人ですね。双子の阿国と2人だけで生きていたので、自分たちのことは他人に知られたくないし、介入しないでほしいという闇を抱えていて。そこが魅力的でもあるんですけど、難しいところでもあるのかな、と。そんな彼が佐吉によって心の扉を開いていくわけなので、僕自身も佐吉の風を感じたいと思っています」

――お二人が気に入っている原作のシーンは?

鈴木「僕は佐吉と芭恋と阿国の3人が盃を交わすところですね」

崎山「いいですね。カラーページだった所ですよね」

鈴木「つばさくんは?」

崎山「僕は芭恋たちが佐吉にいたずらを仕掛けるシーンですかね。原作でも何度も出てくるので、そこはもうとことんいたずらをしたい!(笑) 拡樹くんにはもう予告もしてますもんね。舞台上でやるのか、バックステージでやるのか…」

鈴木「バックステージの可能性もあるの?(笑)」

崎山「はい。芭恋の期間中は何をしても自由だって聞いてますから」

鈴木「アハハ。まぁ、そうやって予告してくれるとこがカワいいけどね」

崎山「拡樹くんは優しいからいたずらしても怒らないとは思いますけど、一応ジャブは入れておこうかなって(笑)」

――息ピッタリのお二人ですが、お互いを一言で表すならどんな人間ですか?

崎山「難しいですね。宇宙人とか異星人、バケモノ…。そういうジャンルだと思うんですけど」

鈴木「とにかく人間ではない、と(笑)」

崎山「はい(笑)。もちろんいい意味ですよ。舞台に立つと本当にすごい。人を超越した存在というか…。舞台を降りるとスイカが好きだったり、人間的な部分もあって、すごく魅力的な人です。普段の拡樹くんは仙人みたいですよね」

鈴木「ギリギリ人になったね(笑)」

崎山「そうですね。『人』が付きましたね。個体じゃなくて、気体みたいな人だな〜と」

鈴木「縁がどこまでか分からない?(笑)」

崎山「はい。いつかつかんでみたいですね」

――では、逆に鈴木さんから見た崎山さんは?

鈴木「強い人ですね。自分の演技プランを通したいと思っても、何度もアタックすると折れちゃうことが多いと思うんですよ。でも彼は諦めない。共演者として応援したくなりますね」

崎山「ただ、負けず嫌いなんですよ」

鈴木「でも、そうやって何度もぶつかることができる人ってすごいと思うよ」

崎山「ありがとうございます。この舞台を通して拡樹くんから吸収したいことがたくさんあるので、ご飯に行く約束、必ず実現させましょうね」

鈴木「ね。2回は行こうね」

――2回…。少なくないですか?(笑)

鈴木「僕ら自分から誘うのが得意なタイプではないので、あまり頑張り過ぎるのもあれかなと」

崎山「はい。無理しない程度で(笑)。でも、その分、1回1回を濃密にしましょうね!」