ウサイン・ボルト来日!川崎Fの選手に向けた“初タイトル”への言葉がアツい

写真拡大

「人類最速の男」ウサイン・ボルトが今週、電撃的に来日。6日にはスポンサーであるPumaの繋がりで、川崎フロンターレの練習場を緊急訪問した。

先月、世界陸上ロンドン大会で現役生活に別れを告げたボルト。100mでまさかの銅メダルに終わると、最終走者として出場した4×100mリレーでも転倒してしまい、“有終の美”を飾ることはできなかった。

そのボルト、現役時代から有名クラブへラブコールを送るなど熱烈なサッカーファンとして知られ、引退した直後にやってきた日本でさっそくサッカーの現場へ足を運んでいる。

その様子を川崎フロンターレのYouTube公式チャンネルで公開。ボルトはこの中で、今年こそは悲願の初タイトルを狙う川崎の選手たちにこのような言葉をかけている。

Hello!!

ひとこと言わせてください。

今、タイトルを狙っている事を聞きました。

ぜひ頑張って、そして集中して、常に頑張って自分のベストを尽くす事で素晴らしい結果が生まれる事を信じています。

そうやって僕はうまくやってきたからね。

さすが“勝者のメンタリティ”を持つボルト!集中し、常に自分のベストを尽くしたことが、今の自分に繋がっていると語った。

この後ボルトは川崎のキャプテン、日本代表FW小林悠とユニフォーム交換をすると(背番号はボルトが持つ100mの世界記録9.58!)、9月14日に発売される人気ゲーム最新作『ウイニングイレブン2018』で川崎フロンターレvsボルシア・ドルトムントの協力プレイを楽しんだ。

ボルトは同作のアンバサダーを務めており、なんと選手としてゲームにも登場!

もうこの画だけで面白すぎてズルい!

今回はボルトが川崎に加入し、ドルトムントを相手に0-6の完敗を喫した2015年プレシーズンマッチのリベンジを狙う形で試合に臨んでいる。川崎のスタメンは“大人の事情”でPumaの契約選手のみだ。

試合の様子。今作のウイイレは協力プレイ(CO-OP)に力を入れているとのことで、小林のパスからボルトが決めるあたりプロモーションとしてもバッチリだったといえる。

ちなみに、今年のACL出場チームである川崎は『ウイイレ2018』に搭載されている。川崎ファンはこちらもチェックが必要かもしれない。