9日、中国メディアの新京報が、道に倒れた老人のそばをパトカーも含めた22台の車が素通りして無視、最後にバスの運転手が助けたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年9月9日、中国メディアの新京報が、道に倒れた老人のそばをパトカーも含めた22台の車が素通りして無視、最後にバスの運転手が助けたと伝えた。

9月7日、中国湖南省株洲で、高齢の男性が道路を渡っている途中で、道の真ん中辺りで突然転んで倒れてしまった。そのそばをバイクや自動車が次々と通って行ったが、誰も助けず、ただ通り過ぎて行ったという。その後、バスの運転手が見かねてバスを降り、このお年寄りに近寄って起き上がらせた。

その一部始終が録画されていたが、通り過ぎて行った22台の車の中には「公安」と書かれたパトカーも含まれている。老人のすぐ隣を通っているにもかかわらず、無視してそのまま行ってしまった。

これを見た中国のネットユーザーから「パトカーだってこれだからな。これが人民の公僕なんだぜ」、「警察だって助ける勇気がないんだから、普通の人ならなおさらだ」、「あのパトカーが一番むかつくな。パトカーを洗い出して相応の処罰と教育をすべきだ」などのコメントが寄せられ、非難の矛先をパトカーに向ける人が多かった。

また、「この社会は変わってしまった」、「俺だって助ける勇気はないね」、「当たり屋だと思ってみんな恐くて近づけないんだよ」などの意見もあり、中国は自分の身を守るためには他の人を助けることができない社会になってしまったことが改めて浮き彫りになった。(翻訳・編集/山中)