ACL逆転4強進出へ、浦和社長が当日券割引を発表 「ファン・サポーターの後押しが不可欠」

写真拡大

敵地での第1戦で川崎に1-3と敗戦 最寄り駅からのシャトルバスも無料に

 浦和レッズの淵田敬三代表が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦、川崎フロンターレ戦に向けてチケットの当日券割引と一部シャトルバスを無料とすることを明らかにした。

 淵田代表は9日のリーグ第25節柏レイソル戦を前に、「リーグ戦も大事だが、なんとか逆転してACLの準決勝へ進みたい。そのためには、ファン・サポーターの方々の後押しが不可欠」と、今回の施策に至った経緯を話した。

 チケットは通常、前売り券よりも当日券が割高になっているが、今回はスタジアムで購入するか「REX CLUB」というサポーター向け組織の会員であれば、当日券でも前売り券と同額で購入できるという。昨年のACL広州恒大(中国)戦でも実施した施策であり、その際にも来場者が増えた実績があると淵田代表は話した。

 それに加え、会場の埼玉スタジアムの最寄り駅である浦和美園駅からスタジアムまでのシャトルバスも、通常は100円の有料であるところを今回は無料にするという。「仕事帰りで到着がギリギリになる方にも、気兼ねなくシャトルバスを利用してほしい」という理由からだと話した。その他、東京駅、池袋駅からのシャトルバスや、浦和駅などからのシャトルバスは有料であるものの、通常通り運行される。

 浦和は8月23日の敵地での第1戦を1-3で落としている。しかし、淵田代表は「2007年、08年と我々は準々決勝を突破していますし、どちらも第2戦を2-0で勝利しています。今季も上海上港(中国)、済州ユナイテッド(韓国)を相手に、初戦は厳しい結果でも第2戦はトータルで上回るだけの結果を見せています」と強調した。実際に、過去の結果と同様に第2戦を浦和が2-0で勝利すれば、アウェーゴール数の差によってベスト4に進出できる。

 浦和にとって大きな力となる、熱狂的サポーターによるホームの雰囲気を作り上げるために、クラブとしても手を打っている。日本勢対決として注目される第2戦、浦和はクラブ一丸となって逆転突破を果たせるだろうか。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images