移籍マーケットの短縮をスペインでも!ジダンが求める

写真拡大

『Citizen』は8日、「レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、プレミアリーグの移籍マーケット短縮制度を支持した」と報じた。

先日から大きな話題となっているプレミアリーグの移籍マーケット短縮案。来季は開幕の前に選手の登録が締め切られることが決定した。

各国の中でいち早く補強を打ち切らなければならない状況となるが、反対は過半数に満たない5チームしかおらず、提案は批准されることとなった。

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督も以下のように話し、シーズンが始まったらチームを変更できないようにすべきだと主張した。

ジネディーヌ・ジダン

「私が思うに、多くの人々も同じことをやりたいと思っているだろうね。

移籍マーケットは、リーグが再開される時に締め切ってしまわなければならないよ。

オフィシャルな大会が始まるときにね。打ち切っておかなければいけない。それは明らかだ。

大会が進んでいる間はチームを変更できない。それは、私が希望するものでもあり、多くの人々が支持する見解だと思うよ」