2017年9月9日(土)に福井運動公園陸上競技場で開催された日本学生陸上競技対校選手権大会の男子100m決勝で、東洋大学の桐生祥秀選手が9秒98の日本新記録をマークしました。従来の記録は伊東浩司さんが1998年に出した10秒00で、日本選手としては初の9秒台です。

陸上男子100m 桐生が日本選手初の9秒台 | NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170909/k10011133251000.html



桐生祥秀9秒98!100mで日本人初の9秒台出た - 陸上 : 日刊スポーツ

https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1884721.html

中盤で先頭に立った桐生選手はラストにさらに伸び、追い風1.8mという絶好の条件も味方につけて快挙を達成。ゴールラインを超えて時計を振り返り、9秒98だったことを確認すると興奮してトラック上を跳びはね、スタンドからの歓声と大きな拍手を受けていました。



桐生選手は9月8日に自身のTwitterで、9月9日の男子100m決勝が東洋大学のユニフォームで出るレースは最後であるとツイートしており、最後に大きな大きな記録を打ち立てたことになりました。



レース後の会見では「4年間くすぶっていましたが、ようやく自己ベストが出せました」と語りましたが、同時に、「9秒台を出して、ようやく世界のスタートラインに立てたのかなと思う」ともコメントしていました。

ちなみに、桐生選手が陸上を始めたのは中学からで、高校は陸上の名門・洛南高校へ進みました。高校時代から高い能力を持つ選手として知られており、2年生のころから数々の記録をマーク。

2013年4月、高校3年生で出場した織田幹雄記念国際陸上競技大会の男子100m予選では日本歴代2位となる10秒01のタイムを出しました。この数字は、世界ジュニア記録に並ぶものでしたが、風速計が世界陸連の認める超音波式ではなかったため、公認とはなりませんでした。

2015年3月にはテキサス州で開催された大会で、日本記録を上回る9秒87を出しました。ただ、このときは追い風が3.3mだったため参考記録となっています。

日本陸上競技連盟の発表した今回のリザルトがコレ。桐生選手に続き2位に入った関西学院大学の多田修平選手も大会新記録である10秒07のタイムでした。

JAAF 日本陸上競技連盟ライブスコアサイト

http://www.live.jaaf.or.jp/17600101/#/race/188/result



ちなみに、洛南高校時代に最後に出たインターハイで桐生選手がつけていたゼッケンが「998」と、今回の9秒98とリンクするものであったことが話題となっています。