彼とのLINEって夜のプライベートな時間にいちばん盛り上がりますよね。そしてついつい寝なきゃいけない時間になっても続けてしまって、次の日寝不足……! なんて経験もあるのではないでしょうか? 小悪魔女子たちは、こんな楽しい時間を、どうやって「いいバイバイ」で締めくくっているのでしょう。

1:「仕事に支障が出ちゃうから……」

「私は次の日も仕事があるなら、相手のことを気遣う言葉で締めくくるようにしてますね。たとえば“もっと話してたいけど、○○君の仕事の支障がでちゃうのはダメだから”と名残惜しいことを伝えたりとか」(Kさん/30歳)

--それは大人な男性には評価高そうですね。

「高いと思いますよ。特に男の人って仕事に支障がでるようなことが重なると、いくら彼女でも嫌になっちゃうと思うし。この辺りも含めて相手のことを立ててあげられることが重要だと思ってます」

さすが! 彼だって楽しい会話は続けたいと思うでしょうが、彼女からこんな風な言葉を投げかけられたら、「その通りだから、しっかり明日も仕事を頑張ろう!」という気分になってくれそうです。

2:眠気と戦ってる感が重要!

「重要なのは、眠気と戦ってる感を出すことだと思います。だから、“ダメだー。眠りたくないー。でも、電池切れそうー”とか、必死さを伝えますね(笑)」(Sさん/27歳)

--たしかに、可愛かも!

「でしょー? ポイントはそこまで本気で眠くなる前に言い出すことです。大体私は寝る予定の30分くらい前からこれを言い出して、30分後に“やっぱりムリだ。ごめんね”といって締めくくります。そうすると自分の睡眠時間もしっかり確保できますよ」

小悪魔な女子たちは自分の美容や健康のためにも、睡眠をしっかりコントロールしています。そこには彼とのLINEを時間内に終わらせるためのテクまで入っていたんですね。

3:夢でも会おう!

「男の人ってロマンチックな人多いじゃないですか。だから、夢でも会いたい的なことを伝えると、結構乗ってきてくれます」(Nさん/28歳)

--女の子は好きそうですけど、男の人もいい感じに受けてくれます?

「はい、大丈夫です。眠たくなってきちゃったときに、寂しいことを伝えつつ“夢でもずっと一緒にいてくれる?”って聞くんです。そうすると大抵“いいよ”って言ってくれるので、そうしたら“じゃあ、明日の朝どんな夢だったか教えるね!”って言って終わりにします。

この終わり方だと次の日の朝の相手からのLINEのテンションが高いのがよくわかりますよ(笑)」

あぁ、夜の間も色々と妄想してくれるのかもしれないですね。そう考えると、男の人がちょっと可愛くみえてきそうです。

さて、小悪魔な女子たちの技もわかったところで、是非今夜から実践してみてはいかがでしょう?

楽しいからと言って、その時だけの快感を優先させていては長続きする恋愛にはなりません。お互いに無理をしなくて済むように、相手のこともコントロールしてあげられるのが本当の恋愛上手ですよ!