今や日本人の多くがやっている、TwitterやFacebookなどのSNS

日々様々な投稿をしてお手軽な日記の様な感覚で思い出を蓄積できたり、友達から様々な反応がもらえたりと、楽しいですよね。

でも中には、自分はそんなつもりがなかったとしても男性側からみるとなんだか性格が悪いように見えてしまったり、ちょっと引いてしまうような投稿内容も多いんだとか。という事で今回は、実は男性が引いている女性のSNSの言動に関して紹介していきます。

愚痴はやっぱり良く見えない!

女性って結構普段から愚痴で盛り上がる傾向があるので、もしかしたらあまり気にして投稿はしていないのかもしれませんが、SNSに投稿する愚痴って端から見ると誰に対しての愚痴なのかわからないからなんとなく不安になったり、逆に誰の事を言っているのかわかる内容だったとしても、不特定多数に広まってしまう場に投稿するのは可哀想だと感じる人がです。

悪い印象は与えても良い印象を与える可能性はとっても少ないので、愚痴はSNSには投稿しない方が無難ですよね。

自慢も印象イマイチ。

SNSは大勢の人にに自分の状況を知らせる事ができるので、何か嬉しいことがあった時などはついついその気持ちをSNSに投稿したくなってしまいますよね。

でも人間は、自分より上のランクにいる人を見て良い気分になることは少ないのです。なので、もちろん内容やレベル感にもよりますが、自慢に繋がってしまうような投稿は控えた方が良いかもしれません。

特に、「○○してもらった」「○○を買ってもらった」というような自分の力で得た物ではない自慢に対して、男性からは「この人は甘やかされてるな」「自分で努力できない人なんだな」というような、ダメな女というレッテルを貼られてしまいがち。

自分とのデート内容が赤裸々に!

大好きな彼とデートしている時、なんだかとても嬉しくてついつい、「今ココに来てるよ」「○○を食べてるよ」など色々と発信したくなってしまう事もありますよね。

でも、実は男性は自分の事をできるだけ隠したい生き物。彼女のSNSに自分とのデート内容が写真付きで記されている様な物なら、恥ずかしくなって耐えきれません。折角の楽しかった思い出が台無しになってしまう可能性があります。

できるだけ二人の思い出は二人の中でとどめるか、投稿をする場合は一言許可を得た方が良いかもしれないですね。

SNSにもマナーが大切!

ついつい色んな事を投稿してしまいたくなるSNSですが、やはりここにも使い方のマナーが大事。不特定多数に広まってしまう以上、ネットリテラシーもあるに超したことはありません。きちんと正しい使い方をして楽しめると素敵ですよね!

(愛カツ編集部)