ピーチは、9月5日に台北市内で記者会見を実施し、沖縄/那覇〜高雄線を2018年夏スケジュールより就航することを明らかにした。

現在、沖縄/那覇発着路線はソウル/仁川、台北/桃園、香港、バンコク/スワンナプーム線の国際線4路線を運航している。香港線は10月28日をもって運休する計画。沖縄/那覇〜高雄線は現在、チャイナエアラインが週4便、タイガーエア・台湾が週2便を運航している。

ピーチは、2012年10月に大阪/関西〜台北/桃園線を開設し、初めて台湾に乗り入れた。沖縄/那覇〜高雄線は、台湾を発着する路線としては7路線目となる予定。9月には台北/桃園と仙台、札幌/千歳線の運航を開始する。