学生の窓口編集部

写真拡大 (全10枚)

秋の行楽シーズンを迎えて、旅行に行きたいという人もいらっしゃるでしょう。家族や友人と出掛けるのも楽しいですが、一人で身軽に出掛けられる一人旅もおすすめです。今回は、東京から日帰りで行ける一人旅のスポットをご紹介します。

■日帰りでいけるおすすめ一人旅1 海の幸で舌鼓! 伊豆大島

【性格診断テストまとめ】自分の隠された一面が丸わかり?!

伊豆大島には日帰り旅行が可能です。東京の竹芝桟橋から高速艇で大島へ。2時間ほどで大島に到着します。この季節、さすがに海水浴はできませんが、ちょっとしたハイキングや露天風呂、新鮮な海の幸たっぷりの食事が楽しめます。帰りの船は日が落ちる前には最終便が出てしまいます。時期によって時間が異なりますので、事前に確認しておきましょう。

■日帰りでいけるおすすめ一人旅2 仏閣巡りからグルメまで楽しめる 鎌倉

鎌倉は寺社が多く、見どころいっぱいの観光地です。ご当地グルメの食べ歩きなども楽しめます。東京からの日帰り旅行にはもってこいのスポットだといえるでしょう。一人旅でいろいろ見て回るには、電車やバス、モノレールがおすすめ。1日乗り放題のフリー切符を利用すると便利です。

■日帰りでいけるおすすめ一人旅3 徳川家由来の「日光東照宮」に日帰り! 日光

日光も旅行先として人気の高いスポット。意外かもしれませんが、東京から日帰りで日光旅行ができます。「はとバス」では日光東照宮日帰りプランというコースがあり、気軽に一人旅を楽しめます。このプランは現地でかなり長い時間の自由行動があり、一人旅にも適していますよ。

■日帰りでいけるおすすめ一人旅4 昔ながらの町並みをお散歩

川越は見どころが多く、楽しめるスポットです。JRのほか西武新宿線、東武東上線が利用でき、都心部からのアクセスが便利でおすすめです。たくさんの寺社、川越城、菓子屋横丁、蔵造りの町並みといったスポットがあり、好みに合わせた旅を満喫できるでしょう。一人旅なら興味のあるところを、好きなように回れますからね。

■日帰りでいけるおすすめ一人旅5 関東最大級のパワースポットを訪れよう 秩父

川越とは違って観光名所がまとまっているわけではないのですが、秩父には三峯神社という有名なパワースポットがあり、人気があります。アクセスはあまりいいとはいえませんが、それがかえって神秘的なのかもしれません。西武秩父駅からは秩父神社も近いので、併せてお参りに行くという人も多いようです■日帰りでいけるおすすめ一人旅6 「箱根駅伝」でも有名な温泉地 箱根湯本

温泉地として有名な箱根湯本ですが、もちろん日帰りでも温泉旅行を楽しめます。東京方面から2時間ほどの移動で到着します。宿泊せずに温泉だけ利用できる旅館も多く、日帰りの一人旅でもゆっくり温泉に浸かれます。もちろん温泉以外のリゾート施設もあり、アクティブな人も大満足の一人旅になるでしょう。

■日帰りでいけるおすすめ一人旅7 大きいお風呂でゆったりくつろげる 草津温泉

温泉地といえば群馬県の草津温泉も有名ですね。西の河原露天風呂、草津ビッグバスなど、広々とした温泉施設は日帰りで利用でき、人気のスポットです。観光のモデルコースも紹介されていますので、目的に応じた旅が楽しめます。お隣の長野県にある軽井沢にも比較的足を延ばしやすく、クルマで行くなら両方回ることも可能です。

■日帰りでいけるおすすめ一人旅8 河口湖畔で紅葉のトンネルをお散歩 忍野八海

河口湖畔の「忍野八海」は世界文化遺産にも認定された紅葉と名水の地です。150メートルも続く紅葉のトンネルは神秘的な美しさ。「はとバス」には忍野八海を訪れる日帰りツアーがあります(実施は11月1-23日)。昼食は山梨名物の「ほうとう」、ブドウ狩りも楽しめる、ぜいたくなツアーです。

■日帰りでいけるおすすめ一人旅9 東京都でも人気のハイキングコース 高尾山

東京に住んでいると、かえって興味がないかもしれませんが、高尾山も大変に人気があります。山頂に登るのにも複数のルートがありますので、自分のレベルに合わせて無理のないコースでチャレンジしましょう。決して険しい山ではありませんが、極端な軽装で行かないように気を付けましょう。

■日帰りでいけるおすすめ一人旅10 東京の神社を巡拝してみよう 東京十社巡り

東京都近郊にある10の神社を巡拝するというものです。十社とは神田神社、亀戸天神社、富岡八幡宮、芝大神宮、品川神社、赤坂氷川神社、日枝神社、白山神社、王子神社、根津神社です。約40キロメートルの道のりで、公共交通機関での移動になります。都内の広い範囲を回るので、ちょっとした旅行気分が味わえるでしょう。

東京都内からでも、日帰りの一人旅を楽しめるスポットはたくさんあります。一人旅の魅力は、ガチガチに予定を立てずに気ままに過ごせるところです。みなさんも、思い思いに観光地を巡ってみてください。

(藤野晶@dcp)