格安SIMを契約するときは、いくつかの書類が必要となります。書類に不備があると、スムーズに契約ができない場合も・・・。

格安SIM契約時に必要な書類を確認しましょう。

格安SIMの申し込みに必要な書類リスト

格安SIMによって契約に必要な書類は異なりますが、だいたいの格安SIMでは以下の3つが必要になります。

本人確認書類本人名義のクレジットカードMNP予約番号(番号そのまま乗り換えの場合)

本人確認書類とは

本人確認書類とは、運転免許証などの自分の名前、住所、生年月日等が記載された公的機関が発行している書類を指します。

主な本人確認書類

運転免許証運転経歴証明書マイナンバーカード在留カード身体障害者手帳

など。

顔写真が付いていない場合は補助書類が必要

健康保険証など顔写真が付いていないものを本人確認書類として使用したい場合は、合わせて補助書類が必要となります。

補助書類として使用できるのは、公共料金の領収書や住民票などです。

※上記は一例です。使用できる本人確認書類は各格安SIMの公式HPなどで確認してください。

本人名義のクレジットカード

多くの格安SIMでは、支払いがクレジットカードに限定されています。

そのため、契約の時に本人名義のクレジットカード番号を入力する必要があり、クレジットカードを持っていないと契約ができません。

クレジットカードが不要な格安SIMも

一部ですが、クレジットカードを持っていなくても契約できる格安SIMもあります。

例えば、LINEモバイルでは、LINE Payカードで支払い設定をすればクレジットカードが不要です。

詳しくはこちら
【格安SIM】LINEモバイルをクレジットカードなしで契約する方法

また、楽天モバイルでは、銀行口座振替や「楽天銀行デビットカード」「スルガ銀行デビットカード」で支払うことができますよ。

MNP予約番号

今使っている電話番号をそのまま乗り換えるには、キャリアにMNP予約番号を発行してもらう必要があります。

各キャリアの予約番号の発行方法は下記をご覧ください。

docomoauSoftBank

必要な書類は格安SIMの種類によって異なる場合があります。各公式HPでしっかり確認してくださいね。

参考

→楽天モバイル-ご利用の流れ