神宮球場グルメの去就はどうなる?

写真拡大

 今季のヤクルトは、残念ながらシーズン開幕から下位に低迷し、早々に優勝争いから脱落。クライマックスシリーズ進出争いにも顔を出すことができなかった。

 8月中旬には真中満監督の辞任を発表。シーズン終了までは休養することなく指揮を執るという。後任監督に関しては「9月半ばすぎをメド」と衣笠剛球団社長兼球団オーナー代行が発言。監督人事には注目が集まる。また、バレンティンの去就も不透明でファンのヤキモキはしばらく続きそうだ。

 そんな中、神宮球場グルメにおいても来シーズンの去就が気になるラインナップがある。今回は去就が危ぶまれる(?)神宮球場グルメをご紹介したい。

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題!

■監督辞任とともに外れるのが確定的

 真中監督の辞任に伴い、間違いなく来シーズンの契約(?)がない神宮グルメが「真中監督のまんぷくかつ丼」だ。

 神宮球場バックスクリーン付近の「後楽」で販売されているこちらのかつ丼。球場グルメにしては1000円(税込)でおなかいっぱいとなる一品だ。目印は真中監督の愛くるしい表情がプリントされたパッケージ。なかには真中監督のステッカーも入っている。もちろん、そのステッカーはドラフト時のガッツポーズではなく、ユニフォーム姿のもの。

 現時点での最終戦である10月3日の巨人戦までに、ファンなら一度は舌鼓を打っておきたい。

■流行に乗った電球ソーダ

 今年、お祭りの屋台などでも人気を集め、全国的なブームとなった電球ソーダ。電球をあしらった容器にカラフルなドリンクを入れて光らせるアレだ。これは神宮球場でも「神宮スワピカソーダ」として販売されている。

 中身は「山田哲人ハイボール」の原料でもあるメロンソーダ。お値段は750円(税込)と少しお高めだが、つば九郎のシールも貼られており、メロンソーダの緑に染まった電球の容器はインスタ映えすること間違いなし。

 球場でも多くのファンが、この商品を購入しているのを確認。もちろん、筆者も購入したことがある。しかし、来年もブームが続いているかは不明。どの段階で去就の判断をするのかは定かではないが、子ども受けのいい商品だけに、来年も残留でもいいのではないだろうか。

■選手モチーフのカクテルたち

 神宮球場では選手をモチーフにしたカクテルが販売されている。今シーズンは「山田哲人ハイボール」「川端慎吾カシスオレンジ」「秋吉亮エナジーハイボール」の3種類(各600円税込)。このなかで去就が危ぶまれるのでは? と筆者が感じているのは「秋吉亮エナジーハイボール」だ。

 エナジードリンクで割られたハイボールというこの商品。「3年連続60試合以上登板したタフさと力強さをイメージした黄金のハイボール」というコピーがつけられているが、今シーズの秋吉は途中離脱。すでに復帰は果たしているものの、60試合以上の登板は不可能となった。

 まず、このコピーが変わる可能性は大。場合によっては商品の変更があるかもしれない。

 お味の程は皆さんで試してほしい。筆者の口からは何も申し上げられない……。

 大人気の「メガ盛りソーセージ」が名物の神宮球場グルメだが、様々なラインナップには、シーズンオフの入れ替えが待っているのだ。来年の開幕戦にはどのようなラインナップが並ぶのだろうか。大型新人の登場に期待したいものである。

文=勝田聡(かつた・さとし)

【関連記事】