「シャンパン通」になるための5つの知識

写真拡大 (全2枚)

「シャンパン」といえば、お祝いの席で飲むお酒というイメージを持っている方が多いかもしれない。その華やかなイメージの裏側には、歴史と人知、ブドウ栽培に厳しい天候との共存がある。

いまや世界中で、シャンパンに倣い、同じブドウ品種を使って、同じ製造方法で、泡のワインが作られている。それでもなお、シャンパンが「泡のワインの最高峰」として認知されているのは、既存の地位に甘んじることなく、時代を見越して発展し続けようとする作り手の姿勢が大きい。その結果として生まれる美味しさに、みんな、魅了されているのであろう。

そんなシャンパンにまつわる基礎知識を5つ、ご紹介したい。

1.シャンパーニュ地方でしか作れない

「シャンパン」(Champagne)という語句は、規則で厳格に守られており、フランス・シャンパーニュ地方で作られたワインにのみ使用することができる。英語圏、とくに、わたしの住むアメリカでは、泡のワインを総称して「シャンパン」と呼ぶ人を見かけるが、厳密には間違いだ。シャンパン以外の泡のワインは「スパークリング・ワイン」と呼ぶのが正しい。

2.冷涼で、厳しい気候条件

シャンパーニュ地方の気候は、ブドウの栽培に恵まれているとは言えない。パリの北東部に位置し、ブドウの栽培可能地域の北限にある。冷涼な大陸性気候に海からの影響も加わり、一年を通して雨が降る。年間平均気温は11度、日照時間は平均1650時間。ブルゴーニュやボルドーの2000時間近い年間日照量と比較するとその少なさがわかる。

緯度が高いため、夏の間は日が長く、ブドウはゆっくりと育つ。春の霜や、夏の雹のリスクもある。2017年も、一部の地域で4月に霜の被害、7月と8月には雹の被害が発生し、ブドウの収穫量が大幅に下がった。

それでも、この気候条件を強みにしたのが面白いところだ。シャンパンの特徴であるフレッシュさや、キリっとした強い酸味を出すためには、冷涼な気候条件で育つブドウが欠かせない。

3.太古の時代、シャンパーニュ地方は海だった

気候条件に加えて、シャンパンを独自のものにしているのが、シャンパーニュ地方に広がる石灰質の土壌(チョーク土壌)だ。この一帯は昔、海だったため、地中には海の生物の化石が埋まっている。土壌とワインの直接的な関係はハッキリとは言えないものの、この土壌が、シャープな酸味や塩みに影響しているといわれる。

石灰質土壌は水はけがよい。それでも、必要な量の水分を保つ。このため、ブドウの木に必要な「適度なストレス」を与えつつ、雨が降らないときには水分を提供できる。また、この土壌は、固すぎないので、ブドウの根が水や養分を求めて、地中深くまで根をはることができるのだ。


収穫直前のピノ・ノワール (2017年9月、シャンパーニュ地方にて撮影)」

4.パリから近い、世界遺産のシャンパーニュ地方

2015年、シャンパーニュ地方の丘陵と、一部のメゾンおよびセラーが世界遺産に登録された。美しい景観に加えて、シャンパーニュ地方の中心都市・ランス(Reims)の街の地下に広がる、「レクイエール」と呼ばれる石灰質のセラーは見ものである。

美味しいワインがあるところに美味しい食事あり。シャンパーニュ地方も例外ではなく、ミシュランの星がついたレストラン、「LAssiette Champenois」(3つ星)、「Les Crayères」(2つ星)、日本人シェフの「Racine」(1つ星)をはじめ、数々のビストロやブラッスリー、ワインバーがある。そして現地で飲むシャンパンは格別だ。

パリからランスの街までは、高速列車TGVで、直行だと45分程度で到着する。ランスやエペルネの街には、大手メゾンが、一般向けにセラー見学や試飲をおこなっている。パリから日帰りで、シャンパン片手にランチを楽しんで、1〜2つメゾンを訪問することもできる。観光地としてもお勧めだ。

5.泡のワインに特化した産地が生む多様性

わたしが考える、シャンパンの大きな魅力の一つが、多様性だ。多少のスティルワインも作られているが、シャンパーニュ地方で作られる大多数が泡のワイン。土地の個性も様々、ベースとなるワインの醸造方法も様々。

パーティーなどでは、ある程度のボトル数が必要となり、安定した品質の大手メゾンのシャンパンが、場に華を添える。また、大手メゾンの「プレスティージュ・キュヴェ」は、各メゾンがアクセスできる最高品質のブドウからできたワインから作られる、非常に手の込んだ逸品。値は張るが、極上の味わいを堪能できる。

最近では、小規模生産者を中心に、個性的なシャンパンが数多くつくられている。栽培方法を重視したり、醸造方法にこだわったり。単一ブドウ品種・単一畑・単一年のワインから作り、「ブドウが育つ土地の個性」を表現しようとしているシャンパンも増えている。

美味しいワインは美味しいブドウからできる。畑仕事に力を入れ、持続可能なブドウ栽培方法──有機栽培やビオディナミ農法を実践する作り手も増えてきた。この厳しい気候条件で、こういった農法を取り入れるのは簡単なことではなく、作り手の強い意志とこだわりがなければできない。

時代とともに変化し、様々なスタイルが生まれているシャンパン。「シャンパン」という名に甘んじた、低品質の商品も存在するが、作り手に注意して選べば、シャンパンにハズレは少ない。日本では実に多様な種類が手に入る。毎日、シャンパンだけを飲んでいても飽きることがないくらいだ。

次回は、シャンパンをさらに美味しく味わうための、シャンパンの製造にまつわる知識を紹介したい。

島 悠里の「ブドウ一粒に込められた思い〜グローバル・ワイン講座」
連載記事一覧はこちら>>