ブルドッグの性格や特徴

ブルドッグの性格は見た目とは全然違い、優しくておっとりしています。家族や子供が大好きで飼い主にとても誠実に接しますし、何よりも甘え上手といわれています。

では、家族以外の人に対してどうなのかといえば、親しみやすい性格をしています。吠えるということもほぼありませんので、飼い主にとってブルドッグの性格は扱いやすいといえます。

しかし、気にくわないと感じたときは、耳を傾けないほどに頑固な面が出てきます。その頑固な面がしつけの際に出てきてしまうと、なかなか受け入れてくれませんので、地道に時間をかけながらしつける必要があるのです。性格は自分のペースを貫くタイプといえます。

ブルドッグの歴史

18世紀に誕生したブルドッグという犬種はイギリス原産の中型犬で、当初は動物を互いに戦わせる目的で作られました。しかしその後、そのようなイベントが禁止となり、それ以降家庭で飼育できる犬として、また番犬目的で飼われることが多くなったのです。

そうするうちに本来持っていた闘犬の風格は落ち着いてきて、荒々しい部分がほぼなくなり、現在のような穏やかで優しいペットとなっていきました。

ブルドッグの性格に適したしつけ

ブルドッグの性格は、優しくて家族が大好きな甘え上手なのですが、しつけの面で頑固さが顔を出すと、なかなかうまくいかなくなります。

しつけをできるだけ円滑に行うためには、「しつけをするんだ」と一度決めたら、万が一ブルドッグが言うことを聞かなくても、その状態をスルーしてしつけを継続します。

そして、叱る場面があった場合には低めの声で叱りましょう。その分、良いことをしたときやしつけを覚えたときは、思い切り褒めましょう。ブルドッグのしつけには、この「メリハリ」が重要だと言えます。

さらに、一般的には物覚えが悪いといった声がありますが、一度記憶したことはずっと覚えていてくれます。このようなブルドッグの性格を踏まえて、覚えるまで時間をかけながら教え込むといった気持ちでトライしましょう。

ブルドッグに大切な温度管理

ブルドッグの性格は、家族が好きで無駄吠えもせず、人に甘えていたいという特徴がありますので、室内犬として人気があります。室内犬としてしまえば、家族と常に一緒にいられますので、ブルドッグにとっても嬉しい生活環境といえます。

その他にも、室内で飼った方が良い条件があります。それは「温度管理」の面です。ブルドッグは、いわゆる「高温多湿」な環境が何よりも苦手です。

室内で飼って、人間と同じようにエアコンなどの機器を使用し、快適な環境に整える必要があります。もし、人間にとって適温であってもブルドッグが暑そうな様子でしたら、ブルドッグに合わせてあげましょう。

ちなみに寒さに関しては、弱くはありません。ブルドッグの性格同様に温度の面でも、上手にお付き合いしましょう。

運動面での注意点

一般的に知られているブルドッグの性格で、「運動が苦手」というものがあります。ブルドッグの外見的には、強そうと感じるほどにがっしりとした体形であるにもかかわらず、運動は好まないようです。

運動に行きたくない!と、表現するブルドッグもいるでしょう。しかし、健康のためそのまま何もしないという訳にもいきませんので、頑張って外へ一緒に行きましょう。

ここで肝心なのは、1日の必要な散歩量は20分ほどあれば十分ですので、例えば朝と夕方の時間帯というふうに2回に分けてみても良いでしょう。また、ハードな運動は不要です。その日のブルドッグの体調などに合わせて行いましょう。

ブルドッグに重要な食事の管理

ブルドッグの性格と同じように大切にすることが、「食事」です。場合によってはブルドッグの性格以上に大切になるかもしれませんね。この食事管理は、子犬の段階から行う必要があります。

その理由は、子犬の段階で量的に多く摂取してしまうと脂肪細胞が大きくなることと、肥満になりやすいからだといわれています。一度脂肪を取り込んだ細胞は元の大きさには戻らないため、健康面を考えた上で子犬のうちから食事を管理する必要があります。

もし、ブルドッグの健康を考えて「手作り御飯」を用意する場合、できるだけ動物性脂肪を取り除きますが、もし油を使用するなら、オリーブ油のような体に負担のないものを使用します。

ドッグフードを与えるなら、低カロリーのものを選びます。また体重に関しても、オスが25kgほど、メスが23kgほどと一般的にいわれているブルドッグの体重を目安にしながら、ブルドッグの性格を考えた上で管理していきましょう。

まとめ

見た目は怖いイメージのあるブルドッグですが、とても温厚で優しい性格が特徴です。ただ、しつけに関して認められないと感じたときは、頑固な面が出てくることがあります。

いいものはいい、ダメなものはダメという態度を貫くことが重要です。また、叱るときには声を低く落として諭すこと、そして教えたことができたときには思い切り褒めてあげましょう。そういったメリハリが、ブルドッグのしつけには肝心です。

そして、温度管理も大切なことです。ブルドッグは暑さに弱いため、エアコンのような機器を上手に活用して、最適な環境を作ってあげます。食事面でも健康を常に考えた上で用意しましょう。

ポイントはブルドッグが子犬のうちから食べ過ぎなどを抑えるために、食事管理することです。大切な家族ですので、いつまでも健康で楽しく過ごしてほしいものですね。