8日、オーストラリアのウェブサイト、東南アジアフォーラムは「日本と中国、東南アジアを制するのはどの国か」と題する記事を掲載した。資料写真。

写真拡大

2017年9月8日、オーストラリアのウェブサイト、東南アジアフォーラムは「日本と中国、東南アジアを制するのはどの国か」と題する記事を掲載した。星島環球網が伝えた。

米国のアジアでの軍事的存在感が薄れる中、東南アジア戦略はどうなるだろうか。3つの可能性がある。まずは域内の大国である日本とインドネシアが、米国があけた穴を埋める。次にASEAN(東南アジア諸国連合)がリーダーシップを取る。最後に最も有力なのが、中国が大国として台頭することだ。実際にはすべての東南アジア諸国が中国の追い風に乗って利益を追求する可能性が高い。

日本と韓国に駐留する米軍が撤退する可能性もないわけではない。米国の世論調査では、米国は世界の問題より国内問題を先に解決すべきだとの意見が強い。トランプ大統領は、同盟国にさらなる軍事費の負担を求め「払わないならアジアや欧州から撤退する」としている。

このような状況のもと、日本とインドネシアが米国の穴を埋めようとする可能性がある。しかし、インドネシアは軍事力と経済力が不足し、日本は第二次世界大戦中の負の遺産が障害となる。中国がリーダーシップを取ろうとすれば、東南アジア諸国は日本とどちらを選ぶか迷うかもしれない。しかし、戦時中のイメージがあまりに悪いため、日本を選ぶ可能性は低いだろう。中国は巨大経済構想「一帯一路」を推進中。こちらの追い風に乗ると考えるのが自然といえよう。(翻訳・編集/大宮)