ベルナベウでレバンテを迎え撃つレアル・マドリード

写真拡大

レアル・マドリードの監督ジネディーヌ・ジダンの考えは明確である。プレスカンファレンスで「22日間で7試合を我々は戦う。そして、これにはチーム全員が必要となる」と語ったように明日からのレバンテ戦を戦うことになる。
ジダンはAチーム、Bチームという考えは好きではないものの、これが現実問題であり、逃れることはできない。出場停止中のクリスティアーノ・ロナウド。ケイラー・ナバスとカゼミーロは長い移動で疲弊している。そして、ベイルは酷使による怪我を避ける必要がある。

一方でキコ・カシージャ、マルコス・ジョレンテ、ベンゼマ、テオは15日間のバルデベバスでのトレーニング後、フレッシュな状態である。また、バジェホも怪我から復帰し、プレーする準備はできている。現状、監督ジダンはケイロル・ナバス、モドリッチ、ヴァランをメンバーから外している。

レバンテは敬意に値するチームであり、彼らは現実を理解している。自分達が優勝候補ではないとわかっているものの、何をすべきか頭の中にある。なお、レバンテの監督ムニスは重要な選手であるモラレスとロジャーの2選手を欠いての戦いを強いられる。

イーブンな戦いとは言い難いが、レアル・マドリードはアウェイでの戦いよりもホームでの戦いの方がその弱さを見せる。昨シーズンの王者は、エイバル戦、ラス・パルマス戦で勝ち点を落としている。そして、今シーズンもすでにバレンシア相手にサンティアゴ・ベルナベウで引分けている。

マドリーは優れたパフォーマンスを見せているものの、クリスティアーノ・ロナウド抜きでは思ったような結果を得られていない。ベンゼマはゴール前で不安定であり、アセンシオとイスコが最良の解決策となるだろう。

レアル・マドリードの先発予想メンバーは以下の通り。
GK
キコ・カシージャ

DF
マルセロ
セルヒオ・ラモス
ナチョ
カルバハル

MF
ジョレンテ
クロース
コバチッチ
イスコ

FW
アセンシオ
ベンゼマ