ラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

写真拡大

全米OP準決勝、難敵デルポトロ相手に1セットダウンから逆転勝利

 テニスの全米オープンは8日(日本時間9日)、男子シングルス準決勝が行われ、世界ランキング1位のラファエル・ナダル(スペイン)が同28位のフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)を破って4年ぶりの決勝進出。2時間30分に及ぶ激闘の末の逆転勝利を呼び込んだのは「ある決断」だったという。英紙「メトロ」は報じている。

 準決勝の相手は、世界ランク8位のドミニク・ティエム(オーストリア)、同3位のロジャー・フェデラー(スイス)らを破って勝ち上がってきたデルポトロ。第1セットの第5ゲームでブレークされると、そのまま追いつけずに4-6で先取を許してしまった。

 デルポトロに流れが傾きかけたが、第2セットの第2ゲームで早々にブレークすると、第2セットは6-0と1ゲームも取らせず。続く第3セットの第3ゲームまで怒涛の9ゲーム連取を見せた。ナダルは勢いそのままに、セットカウント3-1で勝負を決めたが、いったい、何が“驚異のギアチェンジ”を可能にしたのか――。

 英紙「メトロ」は、「ラファエル・ナダルが明らかにした、全米オープン決勝を懸けたフアン・マルティン・デル・ポトロ戦で変更を余儀なくされたこと」との見出しでこの一戦を特集。記事によれば、ナダルはデルポトロのプレーを見て、第1セット終了後に戦術を変えたという。

「試合中にいくつか変更点があった。第1セットの時も決して悪くないプレーだと感じていたが、僕は彼(デルポトロ)のバックハンドに対して、先を読む予測に走りすぎていた。彼は僕のプレーを待ってから、バックハンドをファアハンドでカバーするように展開していた。僕が彼のバックハンドに対して過剰に打ち返していたからだ」

先を読まずに、相手が予測できないプレー…「何かを変える」決断が奏功

 ナダルは序盤ベースライン際に深くポジションを取っていたが、デルポトロのバックハンドに対して返球することに意識が集中してしまっていたという。しかし、第2セットが始まる時には、自分が何をすべきか明確だったと振り返る。

「僕は変更しなければならないこと、そして変えるための唯一の方法を見出した。彼以上に動き、そして、先を読みすぎず、向こうが予測できないようなプレーを努めた。第1セットは悪くなかったにもかかわらず、結果的に失った。何かを変えるべきなんだと決断したんだ。そして変更を実行し、上手くいった。ハッピーだね」

 実際、第2セット以降はポジションを前に取るシーンが増え、絶妙なドロップショットやパッシングショットでデルポトロを手玉に取った。大会公式ツイッターも、炎の絵文字3連発とナダルがスーパーマンの姿となる動画とともに速報している。

 ナダルも試合後に自身のツイッターを更新。「マッチポイントは常に特別な感情が湧き、常にタフなものだ」と一切の油断はなかったことをうかがわせる言葉を残している。世界NO1の貫禄を見せつける31歳は、2013年以来の大会制覇を成し遂げるべくラストスパートかける。