「インドトレンドフェア2017」9/27〜29に東京・渋谷で開催

写真拡大

 インドのアパレル、及びホームファッション製品を一堂に集めたインド繊維製品の総合展示会「第3回インドトレンドフェア2017」(主催:日印国際産業振興協会(JIIPA))が、9月27日(水)〜29日(金)の3日間、東京・渋谷のベルサール渋谷ファーストにて開催される。

 インドの繊維産業は、「メイク・イン・インディア」を公約として掲げるモディ政権の中で、最重要産業と位置図けられており、昨今のEPAの繊維品目に対する関税撤廃により、関税はゼロになり、日本国内企業からも発注先、仕入れ先、また生産拠点としても注目されている。
 同展示会では、欧米の大手ファッションブランドやアクセサリー製造を請け負う企業、また日本人デザイナーとのコラボレーションを望むインド企業約70社(アパレル系50社、ホームテキスタイル系20社)が出展する。都市別には、パニパッドからはベッドリネン、カルールからはテーブルリネン、ティルプールはニット製品、コルカタから多彩な刺繍、ムンバイからカディコットン、デリー・ノイダエリアからはヤングアパレルブランド、そしてジャイプールからは小規模から大規模まで対応できる製造企業が登場する。
 なお会期初日には、インドテキスタイルをPRする「ITFファッションショー2017」が行われる。また会場内ではインドのカルチャーイベントも連日行われる予定。
 入場は無料(事前登録必要)。なお会場は昨年の「ベルサール渋谷ガーデン」から「ベルサール渋谷ファースト」に変更になっているので注意が必要である。