真実を認めない道(写真:アフロ)

写真拡大

 都合の悪い過去を認めないのは大人のすることではない。だがSNSではそのような「大人」も大勢いる。彼らを反面教師として真っ当な大人になるためには。大人力コラムニストの石原壮一郎氏がアドバイスする。

 * * *
 難しい問題だとは思いますが、はっきりしているのは「あのとき、日本人はとんでもない過ちを犯してしまった」ということです。目をそらしたり否定したりといった甘い誘惑を振り切り、何があったかちゃんと直視したいもの。それが大人として胸を張って生きていくための必須条件であり、同じ過ちを繰り返さない第一歩です。

 関東大震災が起きて94年目の9月1日、東京・墨田区の横網町公園では「関東大震災遭難者及び都内戦災遭難者秋季慰霊大法要」と「朝鮮人犠牲者追悼式典」が行なわれました。小池都知事の「追悼文をめぐる問題」をきっかけに、この日のセレモニーのことを知って、お恥ずかしながら訪れた次第です。とくに深い考えも政治的な主張も何もないので、やじ馬と言われたらそれまでです。来てみて初めて、この場所が関東大震災のときに3万8000人の犠牲者を出した「陸軍被服廠跡」だということも知りました。

「朝鮮人犠牲者追悼式典」が行なわれているすぐ近くでは、「真実の関東大震災石原町犠牲者慰霊祭」という看板を立てて、別のセレモニーを開いている人たちもいました。「真実の〜」を行なっている一角を囲むように、たくさんの警察官が立っています。公園にはたくさんの報道陣も集まっていました。前の大通りの歩道には、この日のこの公園が特別な場所であることを示すかのように、さまざまな屋台がビッシリと並んでいます。

 ところで、話は変わって一般論ですが、人は過去を正当化したくなる生き物です。「なかったこと」にしたり「仕方なかった」と思い込んだりするために、都合のいい情報や理屈をあの手この手で探してくるのが得意中の得意。本人は満足かもしれませんが、はた目から見ると「うわ、痛ッ」「うわ、恥ずかしー」という印象を抱かずにはいられません。

 誰しも仕事にせよプライベートにせよ、できれば思い出したくない、どうにか「なかったこと」にしたい失敗をしてしまうことはあります。しかし、半端なごまかしや自己弁護は大人の名折れだし、周囲の信頼も失ってしまうでしょう。逆に、相手が信用できる人かどうかは、「自分の失敗を真摯に認めるかどうか」で決まると言っても過言ではありません。

 うっかり甘い誘惑に負けないために、そして、甘い誘惑に負けてしまっている人を見分けるために、どの出来事とは言いませんが過去の大きな失敗に関して、それをなかったことにしたい人たちが、「自分にとって都合のいい結論を自分に信じ込ませる」ためにどんなノウハウを駆使しているか、あらかじめ押さえておきましょう。それを反面教師や他山の石にすることで、大人の自制心を早めに働かせることができます。

【過去の失敗をなかったことにしたい人が使いがちな3つのノウハウ】

●反面教師のノウハウその1「相手にも悪いところがあったに違いないと、とくに根拠もなく主張する」

 ひどい目に遭わせたという確かな事実を棚に上げて、それは相手にも悪いところがあったからからに違いないと言い出します。とくに根拠もなく、そもそもとても釣り合わない小さな事柄を引き合いに出してきて、なぜ何の疑問も抱かず、ひどい目に遭わせたことに正当性があったと思えるんでしょうか。何も悪いことはしてないのにひどい目に遭わされた人たちについては、「そいつらと仲間だから悪い」という理屈のようです。

●反面教師のノウハウその2「自分好みの情報だけを信じて、意に沿わない情報はウソだと決めつける」

 世の中にはいろんな情報があふれているし、ひとつの事柄も見る角度や切り取る範囲によってまったく違う意味を持ちます。しかもネットいうのは便利なツールで、自分好みの情報だけを集めて、それ以外を見ないようにするのは簡単。SNSでのつながりも、基本的には似た者同士の集まりに過ぎません。そうこうしているうちに、自分好みの情報が「真実」で、世間の大半の人はそれを信じているという偏った認識が育まれていきます。

●反面教師のノウハウその3「ほかにも同じような例はある、その後の態度が気に入らないと反論する」

 自分たちだけじゃなくて同じようなことがあそこでもここでも起きたと、反面教師のみなさんは得意気におっしゃいます。また、おもに偏見と妄想と決めつけを元に、その後の相手の態度が気に入らない、その後こんなことをしたとイチャモンをつけて、だからこっちは悪くないという言い方をなさることもしばしば。いずれにせよ、それが反論になるとなぜ思えるのでしょうか。人間の業の深さに思いを馳せずにはいられません。

 まさかこんなマヌケで情けないノウハウを使う人なんていないだろう──。そう思えるあなたは、とても健全で賢明な人です。しかし、残念ながら今の日本にはこうしたノウハウがかなり蔓延していて、あなたの心の隙に入り込むチャンスを伺っているのが実情。気持ちが弱っているときや嫌なことがあったときは、とくに危険です。ちゃんと過ちを反省できない恥ずかしい大人になってしまわないように、くれぐれも気を付けましょう。