桐生祥秀【写真:Getty Images】

写真拡大

日本学生対校選手権決勝、追い風1.8メートルの中で大台を突破

 陸上の日本学生対校選手権は第2日目の9日、男子100メートル決勝で桐生祥秀(東洋大)が9秒98で優勝。日本人初の9秒台をマークした。

 桐生は同日行われた予選を10秒18(追い風参考記録)の1位で通過。迎えた決勝では追い風1.8メートルの中、9秒98で100メートルを駆け抜け、日本人史上初の金字塔を打ち立てた。

 日本学生陸上競技連合‏も、公式ツイッターで結果を速報。「国内初公認9秒台」と伝えた。

 桐生は今年6月、それまで今季の国内の100メートル決勝ではすべて向かい風の条件下の中、多田修平(関西学院大)が追い風4.5メートルの参考記録ながら国内レース初の日本人9秒台となる9秒94をマークし、「俺がいないと日本は追い風だ(笑)」とツイッターを更新。記録達成に足踏みしている状況が続いていたが、ついに大台を突破した。