『バイバイ、ブラックバード』(伊坂幸太郎/双葉社)

写真拡大

 伊坂幸太郎の小説『バイバイ、ブラックバード』が2018年にWOWOWでドラマ化される。主役に高良健吾、そしてヒロイン役には城田優がキャスティングされたことも明らかになり、「繭美誰かと思ったら城田優って!」「しろたんの女性役とか美しすぎでは」と話題になっている。

 同作は“ゆうびん小説”という企画のために書き下ろされた連作短編集で、5人の女性と同時に関係を持つ男・星野一彦が借金の清算のためとあるバスに乗せられるまでの物語。星野はバスに乗る前に5人の女性に別れを告げることを望み、お目付け役の女性・繭美と共に“お別れ行脚”を始める。

 繭美は“身長3m、体重200kg、金髪でハーフ”とうそぶく奇妙な女で、持っている辞書の「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上品」といった単語は自分に必要のないものとして黒く塗り潰されている。読者の間では「繭美はマツコ・デラックスのイメージ」「実写なら渡辺直美か安藤なつだと思う」と大柄な女性の名前が度々上がっていたため、城田の出演には驚きの声が続出。しかし公開されたビジュアルを見た人からは「こんな美形な繭美になるとは」「これは城田優でも全然アリ。むしろ美しくて好き!」と好評の声が上がった。

 番組プロデューサー・武田吉孝は繭美役を決めるにあたって、ロックミュージシャンからドラァグクイーンなど“強い女”のイメージで探し、城田の写真が目に留まったときは「ああ、繭美はこの人しかあり得ない」と思ったとか。城田は繭美役を「最初で最後であろう女役」だと考えているそうだが、高良演じる星野との演技については「“あうん”の呼吸じゃないですけど、夫婦漫才みたいになっていくシーンがあって、そこがすごく好きです」とコメントしている。

 人気作品がドラマでどのように再現されるのか、放送を期待して待っていよう。

■ドラマ「バイバイ、ブラックバード」
放送:2018年
原作:伊坂幸太郎
監督:森義隆
出演:高良健吾、城田優 ほか
公式サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/bbbb/