セオ・ヒョウオン【写真:Getty Images】

写真拡大

手にスパイクを装着したセオ・ヒョウオンが、卓球台で“ゴール”を決める

 卓球のITTFワールドツアーは後半戦に突入し、19日からはオーストリア・オープン(リンツ)が開幕する。史上最年少優勝を果たした張本智和(エリートアカデミー)の活躍などで卓球熱も高まるなか、国際卓球連盟(ITTF)がトリックショットを収めた動画を公開。卓球とサッカーの思わぬ“コラボレーション”に、ファンの間では反響が広がっている。

 異色のトリックショットに挑戦したのは、リオ五輪の女子シングルスでベスト16入りした、世界ランキング30位のセオ・ヒョウオン(韓国)だ。

「オリンピックの卓球選手が、ピンポン部屋でサッカーをしようとしたらどうなる?」と名付けられた動画では、計8個のショットが紹介されている。

 なかでも目を引くのは、ラケットの代わりにサッカーのスパイクとソックスを“装着”し、ボールを打つ冒頭の一打だ。サイドからトスされたボールをスパイクのインステップ部分でジャストミート。卓球台端に設置されたミニゴールのど真ん中に綺麗に吸い込まれた。映像では、ゴールが決まると審判役が笛を吹き、スパイクをタオルで磨くといった“サッカー風”の演出が加えられている。

世界中のファンが反応「レベルの違うトリックショット」「これこそがアイデア」

 他には、コート左端からバックスピンをかけて卓球台手前の中央に設置されたミニゴールを狙う一撃や、対面のゴールポストに3本連続で直撃させたり、遠く離れた小さなグラスにボールを入れるなど、ユニークかつ高難度なトリックショットのオンパレード。セオ・ヒョウオンは五輪出場の経歴を持つ実力者らしく、すべて成功させている。

 ITTFが公式ツイッターで、「これこそ卓球がサッカーに出会った瞬間だ。セオ・ヒョウオン、ゴォォォーール!!」という言葉とともに動画を投稿すると、アジアや欧州をはじめ、世界中から反応が寄せられた。

「ワォ! 神の手だ! 私なんて100回やってもできやしない」

「レベルの違うトリックショットだ」

「これをお手本にしてプレーしたい」

「キュートな彼女から弾けるショット」

「こういうものをアイデアと言うんだ」

 中には、「ジダン!!」と卓越したスキルと閃きで世界中を魅了したサッカー界の英雄ジネディーヌ・ジダン(現レアル・マドリード監督)の名前を出すコメントもあった。

 卓球の新たな魅力を示したトリックショット。ぜひ、あなたもトライしてみてはいかがだろうか?