伊藤寧々がDVD発売イベントに登場

写真拡大

元乃木坂46の1期生で、現在は女優の他、地元・FC岐阜応援マネジャーとして幅広く活動している伊藤寧々が、8月25日に、2014年卒業以来初となる1st DVD「はにかむ」を発売。東京・秋葉原で行われたトーク&握手会に出席し、作品の見どころや撮影秘話の他、今後の目標などを語った。

【写真を見る】真っ白なビキニがお気に入り

伊藤は「ちょっと前にこのDVDをいただいて、でもちょっとドキドキして見るのが怖くて、きのうやっと見ました。落ち着かないですね。水着でっていうのも…プライベートでも水着を着ることがほとんど初めてだったので(笑)。でも映像自体はすごくきれいだったし、バリ島の景色ときれいにマッチしていて。21歳でこの映像を残せたということはすごい良かったなと思います」と初々しくあいさつした。

「最初は(水着の上の)タオルを取るのが恥ずかしかったです。でも、バリ島の砂浜で、気温とか風とか感じてたら気持ちよく撮影できて楽しかったです」と現場の様子を明かした。

そんな作品の中でお気に入りは白い水着を着ているシーンだという。「水着の上に着けているパレオもかわいいし、その後ろの景色も、壮大な森みたいな感じで、結構いいロケーションと白い水着がかわいく撮れてたと思います」と笑顔を見せた。

またセクシーなシーンについては「一番最後のカットに、黒いビキニがあるんですけど、それは自分でも『私こういう表情するんだ』っていう感じの表情が撮れてたので、そこが一番セクシーといえばセクシーです」とはにかんだ。

今回のグラビアオファーに関して「びっくりしました。私で大丈夫? 需要あるかな?」と不安を感じていたとのことだが、今後のグラビア活動に関しては「グラビアファンの方にも、“伊藤寧々”っていう存在を知ってもらうためにやっていきたいと思ってます」と高らかに宣言した。