レスター岡崎、王者チェルシー戦に4戦連続先発と英紙予想 今季3ゴール目を奪えるか

写真拡大 (全2枚)

ヴァーディと縦関係の2トップ 移籍したドリンクウォーターがいきなり古巣と対決

 プレミアリーグは国際Aマッチウィークを終え、今週末からリーグ戦が再開する。

 日本代表に招集されていたレスター・シティのFW岡崎慎司とサウサンプトンのDF吉田麻也は、ともに所属クラブに合流しているが、現地時間9日に行われる試合で出場なるのか。英紙「ガーディアン」が予想スタメンを公開している。

 レスターは昨季王者チェルシーをホームで迎え撃つが、5日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のサウジアラビア戦(0-1)に先発出場した岡崎は、中3日ながら開幕4試合連続のスタメンと予想された。チームはここまで1勝2敗と波に乗れていないものの、“形”は見えており、ともにここまで2得点の岡崎とイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが前線で縦関係を形成。残留したアルジェリア代表MFリヤド・マフレズが2列目からサポートする形になると予想された。

 またこの試合は、一昨季のレスター優勝に大きく貢献したイングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターが、移籍市場の閉幕寸前でチェルシーに移籍し、いきなり古巣相手にデビューするか注目を集める一戦となる。同紙はベンチ入りと予想。もっとも今夏の補強を上手く進められなかったチェルシーは、「潜在的な課題を抱えている」としている。

サウサンプトン吉田は定位置争いが熾烈に

 一方、ロシアW杯本大会出場権を手に入れた8月31日のオーストラリア戦(2-0)、サウジアラビア戦ともに先発フル出場した吉田はどうか。サウサンプトンは本拠地にワトフォードを迎え入れるが、代表での連戦、サウジアラビア戦から長距離移動を含めた中3日という日程が考慮されてか、サブからのスタートになると同紙は予想。新加入のDFウェスレイ・フート、DFジャック・スティーブンスのセンターバックコンビとなっている。

 それと同時に「サウサンプトンは移籍ウインドーが閉じたことをうれしく思うだろう。フィルジル・ファン・ダイクがクラブに残ったが、彼にとって今回の試合は急すぎるだろう」と、移籍騒動に揺れたDFファン・ダイクが残留したことにも触れている。吉田にとっては激しさを増すレギュラー争いのなかで、今後も安定したパフォーマンスを残すことが求められそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images