8日、新浪体育によると、サッカー元ドイツ代表のスター選手でこのほど、Jリーグのヴィッセル神戸に加入したポドルスキが日本のサッカーについて言及。中国でも注目を集めている。資料写真。

写真拡大

2017年9月8日、新浪体育によると、サッカー元ドイツ代表のスター選手でこのほど、Jリーグのヴィッセル神戸に加入したFWルーカス・ポドルスキ(32)が日本のサッカーについて言及した。中国クラブへの移籍話もあったこともあり、この発言は中国でも注目を集めている。

ポドルスキはJリーグデビュー戦でいきなり2ゴールの活躍を見せたものの、その後は思うようなパフォーマンスが発揮できず、相手選手や味方選手にいら立つ場面も散見される。これまで6試合に出場し、3ゴールを記録しているが、チームはポドルスキ加入後、成績が振るわない。

記事は、日本メディアを引用して、ポドルスキが「日本人の多くが控えめで親切、礼儀正しい。しかし、それはサッカーでは役に立たない」と吐露していることを紹介。読者に対して「彼の発言は正しいと思いますか?」と問いかけている。

ポドルスキは神戸加入前、中国クラブとも接触しており、以前インタビューを受けた際には「私がヴィッセル神戸を選んだのは、彼らが見せてくれた誠意が理由だ。交渉の過程では常にプロフェッショナルだった」「中国のクラブと日本のクラブ、それぞれとの交渉をすべて見てきたけどまったく違った。昼と夜ほどの強烈な違いがあるね」などとコメントしていた。

今回のポドルスキの発言について、中国のネットユーザーからは「やっぱり中国に来なよ。後悔しないように」「ポドルスキの言うとおりだが、それを言ったところでどうにもならない」といった声や、「トルコの粗っぽさを経験したから(※ポドルスキの前所属はトルコのガラタサライ)、日本の謙虚さに慣れないんだろう」「彼には東アジアの文化が分からないんだ」といった意見も。

また、「中国人は普遍的に礼儀がなってないが、サッカーには何の役にも立たない。結論:礼儀とサッカーに関係はない」という声や、「日本サッカーは十分強い。もし、ポドルスキが言うようにサッカーにおける礼儀正しさを捨てれば、とっくにワールドカップ(W杯)でベスト4入りしてるだろう」というコメントも見られた。

なお、日本人選手については、現日本代表監督のハリルホジッチ氏も昨年のインタビューで「あまりに礼儀正しすぎる。もっとずる賢くなるべきだ」とコメントしている。(翻訳・編集/北田)