荒井美波 個展「行為の軌跡III」

2017年9月9日(土)から9月24日(日)まで、TAV GALLERYにて、荒井美波氏の個展「行為の軌跡III」が開催される。都築響一氏のディレクションによる「Trace of Writing」(TRAUMARIS)以来、荒井氏にとっては3年振りの個展。飯盛希氏がキュレーターを務めており、荒井氏の卒業制作の「行為の軌跡――活字の裏の世界」(2012年)や、修了制作の「行為の軌跡II――詩における自運」(2014年)に続く節目として、新たな制作の展開が紹介される。休廊日は水曜および木曜で、時間は13:00〜20:00。

2015年に武蔵野美術大学 大学院修士課程視覚伝達デザインコースを卒業した荒井美波氏は、2011年の「木からできたブックカバー」でのグッドデザイン賞の受賞や、折り曲げた針金で文学作品の直筆原稿を立体的に表現する「臨書」の作品などで知られている。2014年には、一青窈氏による「紙重奏」への作品提供も行った。針金による「臨書」は、1画を折るのに30分、1日に折ることができるのは2行ほどといった、非常に時間のかかるもの。パソコンやスマートフォンの画面上で文章を読むことが当たり前になり、直筆の文字に触れることが少なくなった今日にあって、“書く”という行為の熱量をあらためて感じさせる作品となっている。






荒井美波 個展「行為の軌跡III」

■期間:
2017年9月9日(土)〜9月24日(日)

■開催場所:
TAV GALLERY
東京都杉並区阿佐谷北1-31-2

■問い合わせ先:
TAV GALLERY
tel. 03-3330-6881
url. http://tavgallery.com/